FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2019/12«│ 2020/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:40:06
1/11に楽天証券 新春講演会2020に参加してきました。
今回も堀古英司氏の講演を中心に聴いてきましたので、まとめを記載しておこうと思います。

昨年、色々な経済アナリストから、2019年はリセッション(景気後退)が起こると言われていましたが、それはなかった。2020年もリセッションを心配している声は大きいようですが、「今年もリセッションはありません」ときっぱりと述べていました。
仮にリセッションになるとすれば、インフレ率が高くなったときで、数年後ではないか?とのことでした。

ホリコ・キャピタル・マネジメントは、NYで20年営業しているそうですが、ほとんどのファンドは5〜10年で消えていくそうです。では、生き残るためには、どのようなスタンスで投資をしているか?を話していました。

1)トレンドに逆らうな(近年はアクティブファンドよりもパッシブの方の運用の方が多くなった)
ここのところは、テクノロジーや一般消費財の株は良く、エネルギーや通信セクターはダメだとのことです。この流れに逆らって、逆張りはあまり上手く行かないと述べていました。

2)サイクルを捉えよ
今回の景気サイクルは、リーマンショックの落ち込みが大きい分だけサイクルも長いとのことです。そのため、現在の上昇相場はまだまだ続きそうだとのことです。

3)溜まったエネルギーの力は大きい
2018年を中心に、株式相場が動かない時期が1年半ほどあったそうです。その間に溜まったエネルギーが大きいため、まだ上昇すると考えられるとのことです。

最後に、ドル円ですが、現在日米の実質金利差があまりないため、大きく動かないのでは・・と考えているそうです。一方で、米国実質金利がマイナスとのことですので、ドルの現金を持っていると損をするため、場合によると100円近くになることがあるかもだそうです。

同様に、ドル→金(ゴールド)へのシフトもおきていると言っていました。
ただ、実質金利マイナスは株式には朗報だとのことでした。

スポンサーサイト




09:00:00
あけましておめでとうございます(祝) ついにオリンピックイヤーの2020年が明けました。皆さまにとって良い年になりますよう、お祈りをしております。

ところで、このブログも自分としてはある一定の役割を果たしたと考えており、不定期更新とさせて頂いています。ただ、毎日更新していたとき以上に、投資情報、節税情報などは入ってきていますし、自分からも積極的に取りに行っています。

実質的には(以前)毎日更新していたときよりも、コアな情報(IFAなどには出回っていないもの)が入ってきているというのが正直な感覚です。


12:01:22
SPG_2019111707062860e.png

Marriott Bonvoyポイントですが、ポイントセールを開催しています。
今回も9月と同様、30%割引(2,000ポイント以上の購入)となっています。
また、セール期間中、購入ポイントの年間上限が50,000ポイント→100,000ポイントに引き上げられています。これは今年購入した分も合わせてということです。
通常は1万ポイントで125USDですが、30%割引ですと87.5USDになります。

購入希望の方は下記のリンクからどうぞ
Marriott Bonvoyポイントを購入する


12:02:45
ロイターによりますと
『内閣府が11日に発表した10月の景気ウオッチャー調査では、景気の現状判断DIが36.7で、前月比10.0ポイント低下し、3カ月ぶりの低下となった。横ばいを示す50の水準は22カ月連続で下回った。企業動向関連、雇用関連、家計動向関連のすべてが低下した。』とのことです。

この理由に関しては、台風の影響もあるとしていますが、正直なところ消費税増税の影響だと思います。特に家計動向関連が企業動向関連や雇用関連に比較して落ち込みが大きいことがこれを示していると思います。また、地域別でも台風の影響のない四国や北陸、九州などでも大きく落ち込んでいることでも分かります。


12:51:32
パーフェクトストーム

若林栄四氏の著書「パーフェクトストーム」を読みましたのでまとめを書いておきたいと思います。この中で、愚かなアベノミクスによりとてつもない為替相場の歪みが生じており、世界デフレはこの歪みを訂正に来る流れで、壮烈な円高が待っていると述べています。

『筆者は、現在も外国人合わせたショートポジションは数百兆円に上るものと考えている。このポジションの巻き戻しの円買いが出始めたときには、重要ポイントを切ったところで、膨大な円買い、猛烈な円相場の暴騰が始まるのである。その行く着くところが2023年の秋の1ドル65円であるとみている。』

次に、日経225についてです。

『筆者の見方では、底値から67.5年目で戻り天井2万4000円台を見た相場は、大天井1989年末の3万8957円からの33.75年となる2023年9月近辺に向けて大幅反落することは避けられないだろう。
その2023年の最終地点がどこにあるかは、やはり底値85円からのペンタゴンの高さ59単位である1万4750円を加えた1万4800円というのが一つのターゲットだろう。』


さらに、米国株(NYダウ)も2024年(早ければ2023年後半)に株価が底をつけるのではないか?と述べています。
1万2201ドルあるいは、8701ドルのどちらかがターゲットであるともしています。

カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する