FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/10«│ 2020/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:26:55
MF系ファンド/12月の途中経過として、前回(12/17)はMan AHL系の2つ、SF GCTを取り上げました。

今回はその他情報が入ってきたファンドについてご報告して行きましょう。

まず、Winton Futures Fund(USD)です。こちらは12/16のデータになりますが、12月は+1.62%、年初来は+6.27%になっているようです。Wintonは比較的順調なようですね。

次は、Tulip Trend Fundはどうでしょうか?
Tulipも12/16のデータとなります。12月は+5.27%、年初来は-20.78%になっているようです。

Palm Trend Fundも見ておきましょう。Palmも同じ16日のデータとなります。
Palmの12月は+3.34%、年初来は-0.90%になっているようです。

最後に、今年不調だったIQSですね。
こちら12日のデータです。IQSの12月は+2.51%、年初来は-47.21%になっているようです。

こうしてMF系ファンドの途中経過を見てきますと年間を通じて順調であると言えるのはWintonだけと言えそうです。やはり、長期トレンドフォロー戦略に鍵があるのかもしれません。

また、不調であったPalmもマイナスを減らしてきて、プラマイゼロ近辺まで戻しております。Tulipも12月は悪くないようですが、それまでのマイナスが響き、年初来は未だ-20%以上といった状況です。

*TulipおよびPalmはD USDのデータを用いております。

スポンサーサイト





コメント
やはりヘッジファンドは富裕層のもの?
IQSはもう論外として(爆)、Palmもプラマイゼロ程度の成績ではボラの大きいファンドだけにNAVは下がってしまいますね。Wintonが底堅いのはよく分かるのですが、投資する為には最低10万ドルが必要になりますし、資産に余裕が無いと投資すらできません。やはり、良いファンドは富裕層にしか門戸を開いてくれないのですかね…?

たま│URL│2011/12/20(Tue)16:43:53│ 編集
Re: やはりヘッジファンドは富裕層のもの?
Wintonは10万ドルとちょっと敷居が高いのも事実です。ただ、基本的には100万ドルからいう商品を個人向けにディスカウントして10万ドルとしてくれているようですので、仕方がない部分があるのかもしれません。
自分などは三菱UF証券のウィントンを購入するしかないのかもしれません(笑)。

じん│URL│2011/12/21(Wed)08:43:20│ 編集
そうですね。
全て経済的に庶民の自分が悪いのですが、割り切れない部分もありますね。(笑)
確かに三菱UFJ証券の商品を購入するというのも手ではあるのですが、証券会社に手数料をたっぷり取られるのと、あくまで連動債なので本家のウィントンにどこまで連動しているのかブラックボックス的なところに不満も感じます。もともと、ヘッジファンド自体が富裕層向けの商品なので仕方ないのかも知れませんが…。ただ、ひとつだけ言えるのは、敷居が低いからと言ってIQSのようなリスクの高いファンドにだけは庶民は手を出してはいけないと思っています。(あくまで私個人の考えですが。)

たま│URL│2011/12/21(Wed)10:17:49│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/1407-be06385a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する