知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:30:53
7/22(土)に楽天証券のセミナーに行ってきました。
当日は日程の関係で、堀古氏の話だけ聞け、その話を備忘録的にまとめておこうと思います。堀古氏の話はいつものように米国株式が中心です。

まず、短期的な話ですが、株価の上昇は長期金利がどうなるか?で決まってくるとのことです。ただし、トランプ政権ができてから、長期金利が上昇したので、今年いっぱいはあまり上昇しないのではと思っていると話をしていました。

さらに、減税などの法案がどうなるか?にも株価の影響があると言います。
9月〜12月までの議会スケジュールをみますと、日程的に法案を通す時間が足りないのではないか?、そうなりますと悲観論から、秋口に一時的な調整があるのでは・・と予想しているようです。

次に、長期的な株価ですが、これはいつものように強気の意見の堀古氏でした。
米国株価は強い上場局面に入っているのではないかと考えているとのことです。

その理由の1つとしては、現在計画されている減税(20%に近い)があります。
なかでも法人税の税率を下げるのは、確実視されているようで、25%くらいまで下がってきますと、粗利益は10%程度増加するようです。これが株価上昇を予想する第一の要因です。

さらに、もう1つの理由は人口動態だといいます。日本のバブル期の時もそうだったように、40〜45歳の人口が一番多いときに株価が頂点を迎えるとしています。

アメリカの場合、1980年〜1999年に生まれた世代が大人になってきており、これは過去最高の人数だとのことです。

今回の株価上昇は2013年からスタートしていると考えているとのことです。この人口動態から考えますと、今後15年〜20年は株価上昇するのではないかと予想していました。(もちろん、この間にも10〜20%程度の調整はあるとしています)

一方、我が日本ですが、2017年に40〜45歳が一番多くなっており、この人口動態から考えますと、現在の株価が天井では無いかと述べていました。

さて話は変わり、どの業界(米国株)に注目しているかという話です。

1)航空業界・・・SNSなどで航空業界の不祥事映像が配信されていて、米国の航空産業はどうか?と考える人も多いでしょうけれど、全体をみますと顧客満足度が過去最高だそうです。また、ここにきて利益率が向上しているというのもポイントです。ここ数年で利益率が12%程度になっており、米国企業平均の8%の利益率からすれば、悪くないとの見立てです。

8%の利益率でPER19倍、そうなりますと現在のPER10倍が19倍程度までになると考えますと、株価は2倍程度(3年程度で)になるとの予想でした。
2倍というのは100%の上昇となりますが、そのうちの50%は利益増加によるもの、残りの50%はPERの調整分としています。

2)金融業界・・・こちらもドット・フランク法により、株価が低迷してきたようです。その中でも、金融機関の監督をFRBにやらせるという点がもっとも懸念されていると言います。ところが、トランプ政権になり、4月にFRB理事のダニエル・タルーロ(金融機関に厳しい)が交代し、金融機関出身の理事になったことで、来年6月に予定されているストレステストに好影響ではないかとのことです。
長期金利が上昇する場面が来れば、30%〜50%程度は上昇するのでは・・・とみているようです。

3)ショッピングセンターREIT・・・これはいい話ではなくて、気をつけた方が良いとしていました。というのは、米国は現在景気が良いのにショッピングセンターは空きテナントが増加しているようです。これはアマゾンなどのネット販売が影響しているとのことです。

テナントの契約は5年程度のようで、現在も賃料が入ってきており、影響はゆっくりだとしていますが、徐々に下落していくのではないかと述べていました。また、長期金利の上昇も、このREITにはマイナスに働くとしています。

最後に、ドル円相場ですが、オリンピック後の数年あたりで、150円を予想しているとしています。これは以前からの見解と同じです。
追記:7/24朝のモーニングサテライト(TV東京)に堀古氏が出演するようです。
セミナーのまとめのような話をすると言っていました。


スポンサーサイト


コメント
No title
私も今回たまたま東京へ行く機会があり、堀古さんの講演を聞いてきました。リスクはチャンスだから積極的に取りに行くべし! 話が分かり易くて引き込まれてしまいますね。中長期的には米株高・ドル高・日本株?という見立ては参考になります。昨年FX200ファンドを売却以降ドル建て資産がなくなってしまったのでそろそろ新しい投資先を考えなくてはと思いました。ただし高値更新中の現状で参入はリスクが高いので秋口の調整を待つべきかと思案中です。

Toshi│URL│2017/07/23(Sun)13:54:15│ 編集
Re: No title
Toshiさんも同じ会場におられたのですね。確かに、横浜の講演会でも、今回も「リスクテイクなしに、リターンはない」と言っていました。
その考え方は自分も同感です。秋口に米国株式の調整があったら、航空会社株や金融株などを購入しても面白そうですね。

じん│URL│2017/07/24(Mon)06:56:47│ 編集
No title
追記に記載していただいていますが、今朝、偶然にモーニングサテライトを見ておりました。
短い時間ですが内容は、書かれているとおりです。
具体的な業界の話は、じんさんのコメントを参考にします。
日本株ですが、金融株は安いと思い以前から所有しているのですが、全く浮上せずマイナス状態が続いています。
航空業界は、眼中になかったので参考にします。ありがとうございました。

ラニア│URL│2017/07/24(Mon)12:41:53│ 編集
Re: No title
偶然にモーニングサテライトを見られたのですね。自分も録画して見ましたが、講演内容のサマリー的な感じでした。
ところで、(堀古氏の話での)金融株・航空業界ですが、アメリカ株となります。米航空会社4社の株をウォーレンバフェットもかなり保有しているとも述べていました。

じん│URL│2017/07/25(Tue)08:18:31│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jinblog.blog8.fc2.com/tb.php/3327-bbc29907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する