知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:02:51
4/12のブログで讃岐うどん店をご紹介しましたが、本日はその続編です。

先日の記事内で、以前は良かったけれど、今回訪れてみたら残念な感じだったお店としては、松下製麺所です。食べログの評価は、3.59と高評価となっていますが、自分が訪れた今回は、うどんも腰がなく、出汁も塩辛いという感じでした。

また、以前はこだわり麺やというお店の冷やしぶっかけが大好きだったのですが、昨年冬に訪れたときに、麺が細くなったような感じがして、自慢の腰の強さが弱くなった印象でした。そのため、今回は別のお店を選択しました。

一方、今回の大ヒットは、「うどんバカ一代」でした。このお店は以前も訪れたことがあるのですが、以前は今回のような印象の強さを感じませんでした。

冷やしぶっかけ

今回は冷やしぶっかけを注文したこともあり、太麺(今回訪れたお店の中で一番の太麺でした)の腰の強さが強調され、”これぞ!讃岐うどん!!”と思ったのかもしれません。(あくまでも、個人的な見解です・笑)

また、「バカ一代」で修行された方がオープンしたという「ゴッドハンド」にも行ってみましたが、自分は「バカ一代」の方が良い(美味しい)と思いました。

そして、最後に訪れたのが釜揚げうどんで一躍有名になったという「釜揚げうどん 長田in香の香」です。食べログで4点台をキープしているとのことで、行ってみようということになりました。

長田 外観

注文は当然ながら(笑)、(暖かい)釜揚げうどんです。

長田 うどん長田 出汁

付け汁は、上記右の写真のような器で提供されます。
美味しいのは美味しかったのですが、正直な印象は「食べログ4点はないかな?」という印象でした。近くにいたら行っても良いけれど、わざわざここを目指していくほどでは・・という感じです。一緒に行った仲間も同様に感じたようです。

番外編ですが、日の出製麺所も(今回も)訪れています。(←どんだけ、うどん店に行ってんだ?・笑)

日の出

ここは毎回訪れています。11時半〜12時半までの1時間しか営業していませんので、時間を合わせて行かないと食べられません。うどん(小)が100円という低価格を維持されている貴重なお店でもあります。もちろん味も安定のうまさです。

スポンサーサイト

12:01:15
5ヶ月ぶりに高松にお邪魔してきました。そこで久しぶりに、レストラン紹介と題して、自己流オススメうどん店をご紹介してみたいと思います。
今回は、8店くらい連れて行って頂きました(笑) 有名どころや、地元の人が行くお店も行きました。その中で自分が感じたことをお伝えできればと思います。

今回、前回(11月に行きました)と自分の中で一押しは、”うどん一福”です。

一幅外観

讃岐うどんに行っていつも思うことは、安価であるということです。
これがソウルフードの基本なのでしょうね。

一幅メニュー 一幅メニュー2

今回一福には、2度お邪魔をしました。それだけ美味しかったということです。
最初は暖かいかけうどんを、そして2度目はひやかけ(冷たいかけうどん)です。
小で220円とありますが、小にしませんと次のお店は行けません(笑)

一幅ひやかけ

上記写真は”ひやかけ”になります。正直、とても美味しいと思いました。
ネギや大根おろし、天かすなどは無料でトッピングできます。
讃岐うどんのコシを味わうのであれば、ひやかけの方がオススメです。(続く)


12:48:49
つい先日、化粧品などを販売しているファンケルが経営しているレストラン「ぎんざ 泥武士」に行ってきました。

「自然の中でていねいに育てられた肉や鮮度にこだわった魚。 こだわり抜いた食材を、職人の技が活きる厳選した無添加の調味料を使い、その道を極める料理人が、最高のおいしさと最良の栄養素をひと皿に閉じ込める。」
ホームぺージには上記のように紹介されています。

こちらはベジタリアンだけではなく、肉食の方にも対応していて、オーガニックビーフの鉄板ステーキなどもメニューにはありました。
自分はベジタリアンですので、「お野菜のランチ」にしてみました。

泥1

まず、最初にコールスローサラダと酵素ジュースがきました。
ジュースはリンゴや小松菜などをすり下ろしたものだとことです。

泥4

次に、メインのセットが登場です。

泥2 泥3

ご飯は、白米・玄米・酵素玄米(100円追加)から選べるのですが、いつも普通の玄米を食べていますので、今回は酵素玄米にしてみました。こちらは少し赤飯のような色合いです。酵素玄米はとっても美味しく、これを選択して正解でした。

また、テーブルにおいてあるゴマ塩をかけますとさらに食が進みます。
正直、酵素玄米・味噌汁・漬け物だけ(写真右上)でもOKという感じがするくらいでした。もちろん、野菜も美味しく料理をされていますが、欧米人にはこの繊細な味付けは理解できないと思いました(笑)


12:00:00
工場 

つい先日、小豆島に行く機会があり、なかぶ庵という素麺(そうめん)のお店に行ってきました。レストランというよりは、工場に併設された食事処という感じですが、こぎれいなお店でした。

食事のメニューは、生そうめんのみで、大盛りか普通かだけの選択肢です。
生そうめんというのは、もともとまかない食として提供していたものをお客さん用に出すようになったとのことです。

 麺

ぷりぷりの食感が特徴であっという間に食べてしまいました。
自宅用に乾麺(そうめん)とふし麺(そうめん乾燥時に棒に掛かっている部分を切ったもの)を買ってみました。

土産

なかぶ庵では、そうめんの箸分け工程の体験なども出来るようですので、次回の機会にはやってみたいと思います。


12:50:57
フクモリ2

先日、マツコデラックスさんが新日本橋〜馬喰町近辺を歩いて、色々なお店を探検する番組をみました。そのときに紹介されていました「フクモリ」というレストランが気になり行ってみました。

このお店は、山形の3旅館、湯の浜の「亀や」、天童温泉の「滝の湯」、かみのやま温泉の「葉山舘」による和食のノウハウと山形の自然が育んだ食材をいかしたレストランとのことです。

自分も、友人の実家である山形県鶴岡市にお邪魔したことがあり、山形には親しみを感じています。友人のご両親が趣味でやっている農園(と言ってもけっこう広大で車で行かないと回りきれませんでした)で取れた無農薬野菜で料理を頂けたのを懐かしく思い出しました。

話は戻り、お店には土曜日に行ったのですが、21時近くになっていましたので、さすがにお店は空いておりました。ところが、店頭に「本日は満席です」の看板。そこで、「満席ですか?」と尋ねたところ、看板の撤去を忘れていたそうです。

会議のあとでのどが渇いていたこともあり、1杯目はビール、2杯目は山形の日本酒をいただきました。

サラダ2

食事の注文は、季節のサラダ3種の塩と特製ドレッシング、お麩の唐揚げ、だだちゃ豆コロッケ、おにぎり(季節の味噌/梅胡麻)などです。

サラダは辛子の効いたごまドレッシングがとても美味しく、こうしたアレンジも悪くないと思いました。以前山形で購入した辛子なすを思い出しました。サラダにはだだちゃ豆も入っており、さすがに山形・・とも思いました。

コロッケ

だだちゃ豆コロッケは、山形牛がたっぷりと記載がありましたので、自分は今回は食べていません。付け合わせの野菜だけ頂きました(笑)
サラダ以外のメニューも悪くなく、自分のようなベジタリアンでも行けますし、そうでない方も楽しめるお店だと思います。神田万世橋にもお店があるそうです。

フクモリ・馬喰町店 03-5829-9987


カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する