知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:14:40
では、100万しかないのにどうするのよ?何とかしてよ、じん・・・って。この続きを一日考えまくりました(笑)。
この現状を打破するのは難しいですね・・・実際には。
方法は2つでしょうね。リスクをとってリターンを大きく狙うか、時間を掛けるかですね。後者は積み立てみたいのをして貯金していくというパターンか土日でバイトをしてお金をつくるみたいな感じでしょうね。しかしながら、じんは前者と後者のミックスでしたね。でも一か八かではない・・みたいな。
土日も働いて、それを投資に回してきたという感じでしょうかね。
ところで、本題に入りましょう。
つまり、100万しかないのがじんだったらということで、考えてみましょう。じんの給料が25万として、頑張って5万円を投資資金として投入します。100万を1000万にするというのは前述したように大変なわけです。尋常な方法であれば大変な時間がかかるわけです。
じんであれば、皆さんに推奨しているジェイブリッジが5000円までいくと思っているので、2000株まで少しづつ良いところで買うでしょうね。それ以外にMan社のファンドを$300/月 積み立てをしていくと思います。そして、余裕が出来てきたら日経225先物投資(先週ご紹介しましたよね)をしますね。
しかしながら、一番のポイントはジェイブリッジ株でもそうなのですが、信じたら持ち続けられるかです。殆どの人はここで脱落すると思います。ここにポイントがあるのですけどね。じんが“ジェイブリッジ良いよ!”と言って、買ったある人は(300円台で推奨しました)でも800円で売り、1000円以上でまた買って・・・。最初のをずっと持ってたほうが良いんじゃなかったの?・・って感じですよね。
ですから、信じたものを2〜3年保有するくらいの気持ちがないと1000万円はきびしいと思います。本当はここが一番難しいところですけどね。ですから殆どの人が脱落していくのですね。二八の法則で言うと2割の人が成功し8割の利益を持っていき、8割の人が2割の利益を分け合う。それでは、最後にその2割に入るためにじんが実行していることを書きましょう。

『目標設定・達成時期を明確にして紙に書き、そこから逆算して今年やるべきことを書き出し、いつも近くに置き、常に確認しながら強い気持ちを持って楽しく!!実行する』 by じん
スポンサーサイト

11:20:51
昨日までの話のサマリーは、稼げるのであれば個人事業主になったほうがお金が残るということ、投資=株式投資ではなく、分散することが重要であるということでしたよね。
そのトータルの目標を年利20%に置き、投資の儲け+毎年追加資金を入れていくというのが、お金持ちになる近道だということでしたね。
さらに重要なことは、いつ実現するかを紙に書いて下さい。そして・・・今がある。そうなると、来年はこうなっていないといけないとか・・・目標がはっきりしてきますよね。人間、目標がはっきりしていないと、まあいいやとか明日にしよう・・・なんてなってしまうものです。そうなるといつまで経っても目標は達成できません。もし本気なら今すぐ紙を出して書いてみて下さいね。

さて、昨日までは入ってくる部分について書いてきましたが、今日は逆の出ていく部分について書いてみようと思います。
つまり、投資のコストです。皆さん株式投資をする時に証券会社をどうやって決めているのでしょうか?

手数料という投資のコストは長くなればなるほど、ボディブローのように効いてきます。そこで、今日はじん流のアドバイスです。
このブログを見ていただいている方はインターネットが出来る環境にある方ですよね。もちろん、携帯からも見られますが・・・。
そうなるとネット証券の方がコストとしては有利なわけです。私の友人にも大和証券にお願いしていて、いつも売買手数料が数万円も掛かると嘆いていた人がいて、ネット証券にしたら・・・といったら凄く安くなったと言っておりましたね。

じんはIPOの関係もありかなりの証券会社に口座を持っています。一覧を記載すると、野村證券、大和証券、日興コーディアル証券、UFJつばさ証券、新光証券、いちよし証券、HS証券、みずほインベスターズ証券、マネックスビーンズ証券、松井証券、イー・トレード証券、センチュリー証券、丸三証券、トレイダーズ証券、楽天証券、コスモ証券などです。

比較表は参考資料を参照して頂きたいのですが、じんは使い分けをしております。基本的に大手は手数料で不利です。そこで、大手はIPOの申し込み専用です。丸三証券は20万円以下の株式購入手数料が無料(除外銘柄も有)です。つまり、篠崎屋を1株とかならここで買えば手数料が無料となるのです。手数料が現在一番安いのはセンチュリー証券ですね。参考資料の比較表でも分かるように、300万でも472円というのは破格ですね。イー・トレード証券は7/1に約定50万円以下を735円から525円に変更するという情報があります。
トレイダーズ証券は昨日皆さんにご紹介した日経平均先物取引をしている口座ですね。

ここまでのまとめをすると、通常取引はセンチュリー証券、20万円以下は丸三証券となりますね。他の証券会社も口座を作っておくことで、情報が活用できますので取引しなくても有利です。例えば松井証券ではIPOに外れると20円〜50円もらえます。
こうすることで証券投資のコストを抑えることが出来ますね。入りを多くして、出を少なくすることが結局は近道なのです。

*参考資料*
http://kabu.tatujin.info/securities/

11:10:36
前回は、なぜ自営業者がお金持ちになっていくのかという話をしましたよね。今日は以前にもブログでご紹介した、勝ち続けたある人の方法とは・・・についてご紹介をしようと思います。

“自分の周りに勝ち続けている人や運の良い人がいたらその人の真似をする”でしたよね。

じんも運が良い方かもしれませんが、じんがよく分かっていないものについては真似をしているのです。今日はじんも実際に真似をさせていただいているあるサイトをご紹介しますね。
ここで先日以来、トレイダーズ証券をご紹介してきた理由が明らかになります。
そのサイトは“福運!肝ったママの日経平均先物投資”です。もちろん検索すれば出てきますが、最後にURLを参考資料で記載しておきます。
(注:“福運!肝ったママの日経平均先物投資”ですが、残念ながら、現在はサイトを閉鎖されてしいました)

ここで会員登録をするとママさんが使用しているデータを毎日(当然平日のみですけどね)送ってもらえます。
そのデータを頼りにママさんと全く同じように投資をするのです。ロスカットなどの設定や方法もHPでご紹介していただいている方法でじんは行っております。
しかも、ママさんの過去の成績はHPにアップされております。自ずとじんの成績もこれに近似したものとなりますよね。これはかなりいけると思います。ただし、6月に入ってから少し調子が悪いときがあるようなので、あくまでも投資は自己判断で行って下さいね。
もちろん、トレイダーズ証券が一番お得なので、トレイダーズ証券を利用するとなおいいと思います。

日経平均先物投資を投資手法として使えるとなると、投資方法に厚みがでませんか?
ヘッジファンド、株、IPO(これも株ですが)、日経平均先物投資と方法が増えてきましたね。リスクは可能なかぎりヘッジさせて下さいね。
一つのものに全てを投資してしまうとそれが万一だめだった時には全滅になりかねませんので・・・。バスケットに全ての卵を・・・って言うではありませんか。全てをジェイブリッジに・・・もだめですよ(笑)。

そうそう、先日ヘッジファンドの成績について書きましたが、Man AHL Diversified plcは復活してきました。直近のデータでは53.71まで回復です。じんの計算では2004年6月の数字が44.8だったので、16%強のパフォーマンスとなりますね。$300/月でしたっけ、投資価値はあると思います。

*参考資料*
福運!肝ったママの日経平均先物投資

http://mamakabu225f.fc2web.com/


トレイダーズ証券

12:00:26
世の中にはお金持ちになる方法を指南する本が多いですね。しかしながら、方法はたった2つしかないのです。
収入を増やすか支出を減らす。このどちらかしかないのですよ。じんが頑張ってもこれしか出来ないのですね。
それを難しく書いたり、易しく書いたり作者は試行錯誤したりしているわけですね。
そう考えて、お金持ちになれるという本を読んで下さいね。そうなるとどちらのことを書いているのか、作者の意図は何かをつかみやすいと思うのです。しかしながら、昨日も書いたように2億円というのはかなりの金額ですから、その両方を実践しないと出来ないでしょうけど・・・。

それではどうするか・・・を少しづつ考えていきましょう。まず、本業の収入からです。会社員の方であれば給料ですよね。
残念ながら、会社員の場合と自営の場合には大きな差がありますよね。会社員の場合には給料総支給額から所得控除や保険料などを引かれて手取りとなりますよね。自営業の場合は、売上から経費を引いたものが利益ですよね。この利益に税金がかかるのですよね。
会社員の場合の所得控除にあたるものが、自営業では経費と考えて下さい。所得控除には基準がありますよね。しかしながら、自営業の経費には存在しません(税務署がOKなら全部OKなのですよ)。

簡単に言ってしまえば、お金持ちになるための本や講演会に行ったとしますよね。会社員の方は経費というわけにはいきませんね。ただし、自営の人は経費に出来るのですよ。経費といっても自分のお金であることには違いがないのですが・・・。
つまり、税金を引かれたお金(手取り)の中から出すのか、税金を引かれていないお金の中から出すのかの違いです。これは大きいです。
車とかでも同じです。会社員の方は、税金を引かれたお金から車を買いますよね。しかしながら、自営業の人は税務署の判断はありますが、全額認められれば、税金を引かれていないお金から必要経費として車両購入費として引けるのですね。もちろんそうなった場合にはガソリン代や車検費用なども経費になります。
自宅の家賃とかも按分(自宅としての使用の配分のこと)しますが、仮に50%が経費として認められたとしますと家賃、水道光熱費なども50%は経費として控除できます。さらに、生活必需品を購入したとしても、どこまでが自宅使用なのかは判別が難しいですよね。
そうやって、もろもろの経費を引き、残った利益に税金がかかるのですから、差が大きくついてくるのです。これが自営業でそこそこ成功している人が急激にお金持ちになってくるカラクリです。

さらに、もう少し儲かった場合には法人化するのです。どういうことかというと、法人の売上で経費を使いますよね。これは自営業に記載したのとほぼ同じです。さらに、本人は役員報酬として給料を貰いますよね。この役員報酬は所得控除が使えます。
この時に法人税と個人の所得税を勘案して、役員報酬を幾らにした方が税金が少なくなるかを考えるのです。法人の売上から経費を使い、残りを全て役員報酬にすれば法人には利益が残りませんから、法人税はゼロですよね。
つまり、自営の場合、必要経費しか引けなかったのに対し、法人化して役員報酬にすると、さらに所得控除などが使えるようになるのですね。
ですから、もし皆さんが独立して成功しそうな方であれば、まず自営になることをお勧めします。
もちろん、独立するということはリスクを取るわけですから、成功すればお金持ちになるのは、当然なのかもしれませんけどね。
これが本業で収入を増やす方法と同時に支出も少なくすることが出来る方法ですよね。もちろん会社で出世するのも本業の収入を増やす方法ではありますが、税金も同時に増えていくのです。

11:50:20
将来、幾ら持っていれば、働かなくても暮らしていけるのか? ・・・を週末なので考えてみましょう。もちろん、多ければ多いほど良いのは当然ですが、このくらいあれば安心できるというのは、じん的には2億円かなと思っているのですよ。もちろん、1億円とかを食いつぶして生きていくことは可能なわけで、ここで話題にしたいのは元本を減らさずに暮らしていくには・・・ということで理解してください。
つまり、2億あればニュージーランドドルでは5%以上の定期預金金利がありますから、為替差損以外のリスクを取らずに済みますよね。これとて、ニュージーランドに住んでしまえば、それさえなくなってしまうのですけどね。しかも、ニュージーランドは物価が安いので、さらに余裕の引退生活が送れるかもしれませんね。
ただし、ここでの話題は・・それもありだけど、日本で生活していくのを基準に考えてみたいのです。もし、物価が安い国に引っ越すのであれあれば、 2億円でなくても大丈夫なので・・・。
では、500万円の貯金があるとしましょう。それを年間20%で運用したら10年後にはどうなるのでしょうか?達成可能でしょうか?

500×1.2=600(ここでの計算は税金分を無視して計算します)・・・1年後
600×1.2=720
720×1.2=864
864×1.2=1037(小数点以下は四捨五入して記載します)
1037×1.2=1244
1244×1.2=1493
1493×1.2=1792
1792×1.2=2150
2150×1.2=2580
2580×1.2=3096・・・10年後
とまあ簡単に計算すると10年後でも三千万ちょっとにしかなりませんね。それじゃ、無理じゃん!!・・・ちょっと待って下さいね。これではどうでしょうか?

毎年投資資金を追加していくのはどうでしょう?100万円くらいなら何とか頑張れますかね。それでは、計算です。

500×1.2=600・・・1年後、ここで100万円の追加投資ですよね
700×1.2=840
940×1.2=1128
1228×1.2=1474
1574×1.2=1888
1988×1.2=2386
2486×1.2=2983
3083×1.2=3700
3800×1.2=4560
4660×1.2=5592・・・10年後

先程よりはちょっと先が見えてきたと思いません?もう少し、経過したとしましょう。

5692×1.2=6830
6930×1.2=8316
8416×1.2=10099・・・13年後、とうとう1億円突破ですね。
10199×1.2=12239
12339×1.2=14807・・・15年後
14907×1.2=17888
17988×1.2=21586・・・17年後、2億円達成です。

元金500万円で年率20%で回しながら、毎年追加投資を100万円をすれば2億円突破は計算上17年後でしたよね。何万光年先ではないのだけでも分かっていただけましたでしょうか。それでは、この20%をどう達成するかですよね・・・。つづく by じん


カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する