FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:05:51
100ソル 100ソル裏

「1962年 ペルー 100ソル金貨 PCGS MS65」をご紹介します。
(上記写真の個体識別番号は、セキュリティのために加工してあります。)
なお、ペルー100ソル金貨に関しては、先日のブログでも取り上げましたので、こちらもご参考にして頂けると幸いです。

こちらのコインはPCGS社の鑑定済みで、MS65という比較的高いグレーディングとなっています。先日取り上げました1963年は7,342枚の発行枚数でしたが、1962年は9,678枚となっています。重量は46.8g、90%ゴールドです。

出口戦略を考えるのであれば、鑑定済みコインを購入した方が売却はしやすいと思っており、自分もなるべくそうした方針で購入しています。

このコインはゴールドとしての価値に比較して、現時点ではプレミアムがあまり乗っていませんので、出物があれば今後も購入していくつもりです。


12:35:29
2009 金貨 デビットホール

今週、仲良くして頂いているコイン商の方と話をする機会がありました。
その方は少し前に、この夏に鑑定会社のPCGS社に見学に行ってきたそうです。
その時の話を多少お聞かせ頂きました。

まず、PCGS社の鑑定で最高ランクのMS70やPR70ですが、なかなかこのクラスに鑑定されることは少なく、ファーストスパウズやウルトラハイリリーフなどのモダンコインでも10枚に1枚程度とのことです。ブログでは「モダンコインは、最高ランクを・・」と書いてきましたが、けっこう少ない枚数だったようです。
やはり、モダンコインは、”70鑑定が良い”と思いました。

また、MS69を保有している人が、再鑑定を依頼したりもするようですが、MS70と鑑定されることはほとんどないそうです。けっこう厳格だと感じました。

ところで、上記写真の「ウルトラハイリリーフ金貨 MS70-PL(プルーフライク) David Hall サイン入り」を、7/17のブログでご紹介しました。

David Hall氏は、米国の鑑定会社のPCGS社の創設者なのですが、この方はご高齢で、現在体調を崩されているようです。そのため、「David Hall サイン入りコイン」が増加する可能性は低いのではないかと考えております。


12:32:34
モルガン金貨

「2007年 ジョージ T.モルガン 100ドル金貨」で、NGC社のウルトラカメオ・プルーフをご紹介します。

モルガン銀貨のデザイナー、ジョージ・T・モルガン氏による1876年のデザイン案が、2002年にスミソニアン博物館の倉庫で発見され、2005年より限定販売されている100ドルユニオン金貨です。

写真は2007年に5,000枚のみ限定販売された金貨となります。
重量は31.1gで、99.99%の純金となります。
美しいデザインから人気を博しているとの情報を得ております。

今後想定されます金融危機などの分散投資先として、金地金(インゴット)や金貨の保有をオススメしています。運用資産の10〜15%程度は、現物で保有するべきというのが自分の方針です。


12:23:13
100ソル 表 100ソル 裏

「1963年 ペルー 100ソル金貨」を入手しましたのでご紹介します。
ペルー100ソル金貨は、1950年〜1970年まで発行されましたコインです。
「表はスペインからの独立を象徴したデザインで、自由の女神・杖には自由の帽子・楯はインカ帝国の太陽信仰のマーク、そして裏はシュロとオリーヴのリース、リャマと豊穣の角=コルヌ・コピアからコインが溢れているデザイン」と加治氏のホームページで紹介されていました。

このコインは大型で、重量は46.8g、90%ゴールドの金貨となります。
写真の1963年は7,342枚の発行枚数となっています。最も多いのは1965年の23,000枚だとのことです。

では、金価格からプレミアムを検証してみましょう。
46.8g×90%=42.12g
42.12g×4,763円(田中貴金属 8/16小売価格)=200,618円

上記の計算より、現時点で金の価値として、このコインは20万円以上の価値があると判断できます。グレード・発行年にもよりますが、30万〜35万程度で入手できるものもありますので、選択肢の1つとして悪くないと思います。

ペルー 100ソル金貨は、まだ英国コインのように上昇していませんので、こうした時点で仕込んでおき、人気が出てきた時点で売却するというのも、コイン投資の1つの戦略かと思われます。

12:03:12
エリザベス2

今年のGW明けに、「英国 1980年 エリザベスⅡ世 5ポンドプルーフ金貨 PR69DCAM(PCGS)」の話題をブログに記載しました。

このとき後半部分で、「自分も所有していますが、価格が上昇してきており、(その時点での)価格が70〜75万円程度ですので、見つけたら購入してみてはどうでしょう?」とお書きしました。そして、その後の価格について見てみます。

ヤングエリザベス

上記は某コインショップのHPにあった売却済みコインの写真です。自分が所有している金貨と全く同じグレード及び年号のものです。
現時点で100万円〜110万円程度まで上昇してきているようです。

カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する