知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:27:59
イベリア  イベリア2

イベリア航空のマイレージプログラムのアビオス(マイル)セールをしています。
上記左のページは自分のページにログインしてみたところです。
85,000アビオス(マイル)以上の購入で35%のボーナスがつくということになっています。

仮に、10万アビオス購入しますと13.5万アビオスになります。これが1,800ユーロというわけです。1アビオスあたりは0.0133ユーロとなる計算で、これを現時点でのレートで換算しますと1アビオス=1.56円となります。

これをブリティッシュ・エアウェイズに移行し、JAL国内線で利用しようと思いますと、9,000アビオス(マイル)で東京ー博多往復できますので、14,040円で行けるという計算です。この料金に近いチケットをJALのサイトで検索しますと予約の変更ができない先得割引料金かなと思われます。(利用しにくいです)

BA経由での予約は、直前でも空席があれば予約できますので、JAL国内線を利用するときには、自分はいつもアビオスの特典旅行で予約しています。

一方、今回のSPGのポイントセール(30%OFF)はどうでしょう?
30,000Pが735ドルでしたので、仮に移行率1.25(20,000P→25,000マイル)を掛けますと37,500マイルと計算できます。37,500マイル=735ドルとなり、1マイル=0.0196ドルとなり、これを現在のレートで換算しますと2.14円です。

つまり、BA経由でJALを利用としようとする場合は、今回のアビオスセールの方が安価だという計算になります。と言うことは・・SPGポイントセールはBAに移行してJAL国内線で利用するのはあまりお得ではないという結論です。
スポンサーサイト

10:31:44
SPG_2017030906440885c.png

SPG恒例のポイントセールが始まりました!!
昨年末に、人によって割引率が違うセール(自分の場合35%OFF)をやっていましたが、今回は5,000~9,500スターポイント購入で10%割引、10,000~14,500スターポイント購入で15%割引、15,000~19,500スターポイント購入で20%割引、20,000~30,000スターポイント購入で30%割引となっています。

注意点としては、料金は1ポイントあたり0.035米ドルで、1暦年内に1つのアカウントにつき最大30,000ポイントまで購入可能ということです。
つまり、昨年末に購入した分はカウントに入らず、新たに30,000ポイントの購入ができることになります。

SPGポイント購入

購入される方は、上記のリンクをクリックし、SPGのサイトより購入可能です。
自分も30,000ポイント購入する予定です(笑)

また、SPGアメックスカードの入会キャンペーンもやっています。

SPG紹介キャンペーン

通常入会時には、10,000ポイントのボーナス(入会後3ヶ月以内に合計10万円以上利用した場合)がもらえますが、紹介キャンペーンにて入会しますと、これが17,000ポイントになるというものです。

また、年会費は31,000円+税になりますが、更新時にカテゴリー1〜6までのSPGホテルの無料宿泊特典があります。自分も昨年末に、東京紀尾井町のラグジュアリーコレクションに(無料特典で)宿泊してきました。この宿泊料金を考えますと、年会費はほぼ無料なのでは・・・とも思ってしまいます。

*キャンペーンにて入会希望の方は、上記のリンク(紹介キャンペーン)からご入会可能です。


10:01:44
産経新聞によりますと
『交通事故率の低下により任意で加入する自動車保険が平成30年に一斉に値下げされる見通しになった。損害保険各社でつくる損害保険料算出機構が、任意の自動車保険で保険料の基準となる「参考純率」を、29年度前半にも平均で8%程度下げる方向で調整に入っていることが18日、分かった。参考純率の引き下げを受け、損保各社は保険料を同程度値下げする。参考純率の引き下げは15年6月に6%引き下げられて以来、約14年ぶりとなる。

保険金の支払件数が減少傾向にある対物賠償責任保険は平均1割程度、対人賠償責任保険などは平均5%程度の引き下げとなる見通しだ。損保各社は参考純率に保険事業を行う上で必要な経費などを加味し、保険料の引き下げ幅を決める。』
とのことです。

事故率の低下で任意保険料の値下げがされるというのは、自動車保有者にとってはありがたいです。ただ、最近は高齢者による逆走やアクセルとブレーキの踏み間違いが多発しており、これらに起因する事故は増加傾向にあると思われます。

日本人の平均年齢が46.8歳とのデータがあり、今後も平均年齢は上昇をしていくと予想できます。そうなりますとこれらに起因した事故も増加するものと想像でき、早急な対策(車に対する)が必要だと思っています。

自分は(レンタカーなど以外では)AT車を運転する機会がありませんが、AT車の普及(右足だけの操作)が踏み間違えの原因の一つではないかと感じています。AT車を運転するときには、右足アクセル、左足ブレーキで対応しています。

12:34:14
2011.7.25のブログでご紹介しました「いろいろ複利計算シート」ですが、作者のたくみさんからURL変更のお知らせを頂きました。

自分でも便利だと思っており、ご紹介してから年月が経っていますので、もう一度取り上げておきたいと思います。この計算シートは、下記のような計算を、任意の数値を入れるだけで出来るようになっています。

1.毎月の積立金額、年利、積立年数より元利合計
2.最初の元本、年利、積立年数より元利合計を計算
3.目標積立額(元利総額)、年利、積立年数から必要な毎月の積立額を逆算
4.目標額(元利総額)、年利、運用年数から必要な元本を逆算
5.期間(年)に毎年一定の受け取り額と運用年利で資金を取り崩すときの必要資金
6.資金を○年でX円からY円に増やしたいときに必要な年利を逆算
7.資金を○年でX円からY円に増やしたいときに必要な年利と最低確保したい金額を満足する標準偏差の上限を計算


「将来設計のためにどのくらいの投資元本を用意したら良いのか?」、「投資元本をどのくらいの金利で回せれば良いのか?」などを考える際に非常に便利です。
皆さんもこれを利用して計算してみてはいかがでしょうか?


12:15:29


11/2のブログで、Westinホテルやシェラトンホテルを運営しているSPGグループのポイントプラグラムのセール開催のご紹介をしました。

ここに来てなぜ再びご紹介するかと言いますと、とてもお得な情報が入ってきたのです。ただし、あまりにもお得すぎて、殺到して”いきなり終了”となると悲しいので、飲み会などで直接お会いした方だけにお伝えしたいと思っています。

ヒントだけをお伝えしておきますと、日本に就航していない某航空会社のマイレージに移行することで、とてもお得な特典旅行が予約できるというものです。

日本に就航してない航空会社で、アライアンスにも加盟していませんので、なかなかマイレージを貯めることは難しいのですが、SPGから移行できることが分かったのです。そのため、自分はSPGポイントセールで急遽30,000ポイントを購入し、マイル移行処理をしています。移行完了したら予約です(笑)


カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する