知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:41:19
つい先日ですが、以前お世話になりました投資顧問の元社員の方と会食しました。この方が勤務されていた投資顧問が先月破綻したようです。ホームページを見ますとが「Not Found」となっています。(知人は数年前に退職しています)

その方にも言ったのですが、こうした対応はあまり誠意があるとは思えなく、せめて「てるみくらぶ」のときのように、トップページに破綻の事実を載せて、連絡先などの情報明示をしておくべきだったというのが自分の意見です。

2月に社員の半分程度が解雇となり、3月末で破綻となったようです。
4/21に説明会があるようですが、どのような対応になるのか、今後の推移をみていきたいと思います。自分は投資資金を入れていませんので、被害はありません。

スポンサーサイト

12:32:59
少し前の日経新聞に下記のような記事がありました。

『マンションの修繕工事に使う財源が不足する懸念が強まっている。所有者が払う修繕積立金の水準を日本経済新聞が調べたところ、全国の物件の75%が国の目安を下回っていた。適切な維持管理には引き上げが必要だが住民合意は簡単ではない。特に大都市に多い超高層住宅(タワーマンション)は増額に不安がある。管理不全予備軍の増加は周辺に悪影響を及ぼしかねない。

国交省によると、マンションの世帯主が60歳以上の比率は1999年度の26%から13年度は50%に高まった。東京都八王子市のあるマンションは昨年、最初の提案から8年がかりで増額を実現したが「高齢者から『値上げは勘弁して』との声が多く上がった」(担当したマンション管理士)。
大規模物件ほど合意形成が難しい」と見るのは不動産コンサルティング、さくら事務所(東京・渋谷)の土屋輝之執行役員だ。世帯数が多く、「住民の世代も所有目的もバラバラだからだ」。実際、築20年以上で国の目安に満たないタワーマンションの割合は68%と高いままだ。』


近年のタワーマンションは、販売促進のため当初の管理費(および修繕積立金)を安価に抑えた物件が多いとも言われ、実際に大規模修繕が計画・実施される時期に、積立金不足になっている事例も発生すると思われます。

また、マンション自体の高齢化も進んでおり、負の側面が目立つようになってきたとも言えます。今後、タワーマンションが大規模修繕をするときに、どうやって足場などを組むのか?修繕積立金は足りるのか?など難問が立ちはだかりそうです。

タワーマンションを設計したり、建築する人たちは、自分たちの居住地としてタワーマンションを避けているというのも聞いたことがあります。実情を分かっている人々は、こうした案件は避けているのだと思われます。それでも、タワーマンションにお住まいになりたいのでであれば、賃貸をオススメします。


14:01:31
日経新聞によりますと
『日産自動車は23日、ディー・エヌ・エー(DeNA)と自動運転車を使った交通サービスの実証実験を3月5日に始めると発表した。300組の一般モニターに体験してもらい、専用アプリの使い勝手などを検証する。』とのことです。

実証実験に先立ち、記者自らが、自動運転タクシーに乗車してみたとのことです。スマホのアプリを使って乗り降りしたい場所や配車時間を指定し使用したとのことですが、これはUberと同じ方式と考えて良さそうです。

『公道には多くの一般車両や歩行者が行き来していたが、実験車両はスムーズに目的地へのルートを進んでいく。曲がり角も信号も難なくクリア。10分ほどの走行中、係員は一度もハンドルに触れなかった。』

自動運転の無人タクシーの実現は我々が思っているよりも早く実現するのかもしれません。こうした時代が来ますと、主役ががらっと変わる時代に入っていきます。


09:00:00
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
ブログをしばらく更新しておりませんでしたが、皆さまから更新のご要望などもあり、不定期ですが更新できれば・・と考えております。

昨年を振り返れば、ビットコインやアルトコインなどの暗号通貨(日本では仮想通貨と言っていますが・・)が大流行でしたね。ちょっとバブルの様相を呈していると感じていますが、今年はどうなるのでしょうか?

「バブルは弾けて、バブルだと分かる」という言葉もあるように、今がどのステージにあるのかは分かりませんが、今年あたりに一度大きな調整が来るのではないか?という見方もあります。一方、既存通貨(米ドルや日本円などのフィアット通貨)が金融緩和で暴落しているのだという見方もあります。
どうなっていくのか?今後の推移を見守っていきたいと思っています。


12:01:28
昨年から実ビジネス投資をスタートいたしました。
これは以前にもブログでご紹介したことがあると思いますので、ご記憶のある方はいらっしゃるかと思います。この秋に、それに関連した資格試験を受けようと思っており、ここのところ毎日、問題集と格闘の日々です(笑)

なかなかブログが更新できなくて申し訳ありませんが、秋には試験が終わると思いますので、そうしましたらもう少し更新できると思います。
天候が不順な毎日が続きますが、皆さまもお体にお気をつけ下さい。


カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する