知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
09:30:36
おはようございます。現在高松に滞在しています。
こちらで毎日うどんを2〜3軒行っています。

そうした中で以前は比較的美味しかったお店がそうでなくなっていたり、新たに美味しいお店が出てきたりと、うどん屋さんにも新陳代謝があるのだと感じました。もちろん、以前と変わらず美味しいお店もありますが・・。機会がありましたら、自分が感じた”今のオススメうどん店”をご紹介したいと思います。

話は変わり、昨夜はこちらでオーガニック食事(給食)を提供する保育園を始めた友人の食材の仕入におつきあいして、地元の自然食品スーパーに行きました。
こうしたお店に行くのはとても楽しいく、あっという間に時間が過ぎます。

また、勉強会にいらした方の中で、自分のブログを参考に玄米菜食にされた方がいて、「アレルギーが治った」との嬉しいご報告を頂きました。
多少なりとも当ブログが皆さんの健康に貢献できたとすれば嬉しい限りです。

スポンサーサイト

12:19:43
先週、ブログでも取り上げた旅行代理店「てるみくらぶ」ですが、皆さんもご存じのように破産という結論になりました。旅行代金の返金には、同社も加盟する日本旅行業協会に弁済制度というものがあります。

観光庁によりますと、旅行会社の経営破たんで弁済業務保証金が支払われたケースは、現行制度となった2008年度以降で17件あり、そのうち15件は弁済率100%で、残る2件の弁済率も70%と40%だったとのことです。

今回のてるみくらぶのケースでは、99億円程度が旅行者への負債で、弁済金額が1億2000万円となります。そのため、返金率は1%程度と異例の低さとなっています。こうした事態を受け、消費者保護の観点から制度の見直しが必要だとの意見が出ているようです。


12:22:59
東京商工リサーチによりますと
『(株)てるみくらぶは、3月24日朝から本社玄関に「臨時休業」の張り紙を掲示した。取材に対し同社では「大阪、名古屋、福岡、札幌の支店は24日、臨時休業している」と話し、一部の旅行申込者が発券システムのトラブルで出発できない事態を認めている。同社によると、「発券システムにトラブルが生じている。旅行申込者からの対応は個別に行っている」と話し、同日、旅行申込者には山田社長名で「緊急のお知らせとお詫び」と題したメールを送付した。』とのことです。

てるみくらぶの国際航空運送協会(IATA)の3月8日〜15日までの発券分支払(3/23に支払予定)が滞っていて、デフォルトになっているとのことです。
同社は格安旅行を提供する旅行会社としては有名で、破綻などになりますと大きな影響が出ると思われます。今後の推移を注視していきたいと思います。


12:01:06
昨年、海外でお世話になりました方々と、食事をする機会がありました。
まだお若いのですが、精力的に活動されているようでした。自分からも色々なお話をさせて頂き、あっという間に2時間が過ぎてしまったという感じです。

”昨年の米国大統領選挙の前に、「トランプ氏が選ばれたら、株式や為替が急落するけれど、その後すぐに戻すから、急落したら全力で買うべきだ」(←じん)と話していましたが、まさしくその通りになりましたね”と言っていました。

「それで買ったの?」と聞いたのですが、「あまりにも急落したので、怖くて買えませんでした」とのことです。これが人間の心理なのでしょうね(笑)

自分は言った本人ですから購入していますが、なかなか他人からの情報ですと(たとえ予言どおりになったとしても)動けないのかもしれません。

ところでここに来て、株式も為替も(自分には)方向感が見えておりません。
そのため、休むも相場という感じです(笑)

一方、今年に入り新たな実ビジネス案件が入ってきており、それに向けて人の確保などで動き出しております。今年は実ビジネスの1年になりそうな予感です。


12:49:00
FNNニュースによりますと
『JASRAC(日本音楽著作権協会)が、音楽教室から著作権料を徴収する方針を示していることをめぐり、音楽教室側の担当弁護士が、FNNの取材に「法廷闘争も視野に入れている」と明らかにした。JASRACが、全国の音楽教室に対し、指導や練習で使用される楽曲の「演奏権」として、著作権料を求めていることを受け、ヤマハや河合音楽製作所など、7団体が対応を協議した。
ヤマハは、「あくまで教育目的で、聞かせる目的ではない」として、演奏権は及ばないと反発している。』
とのことです。

このニュースを聞いたときに、正直驚きました。コンサートなどの演奏と違い、生徒の練習や指導で使用される楽曲にまで演奏権を設定しようという馬鹿げたことまでやりだしたのか?・・というのが自分の印象です。

そのうち、学校の音楽の授業などにも著作権料を設定しようとするかもしれません。ここのあたりは、裁判になるようであれば、裁判所がきちんとした裁定を出せるのかに注目していきたいと思います。


カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する