FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2005/04«│ 2005/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2005/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2005/05/25
23:46:31
本日の新聞に出生率1.28 最低更新という記事が出ていました。2004年の人口動態統計で過去最低の1.28となることが明らかになったとのこと。

昨年成立した年金制度改革法は、出生率が2004年までに1.32で推移し、2007年に1.30程度で底を打ち、2030年ころは1.39に上がることを前提に保険料の負担と給付水準を設計している。現実の出生率は2年連続でこれを下回っており、この傾向が変わらなければ将来は給付水準の一段の引き下げを迫られる可能性もある。と締めくくっている。

日本のいわゆるお役所的な予想や想定はいい加減で、毎年修正を重ね続けていますね。四国の橋に至っては、借りたお金の金利さえ払えないのですよ。金利が払えないということは、永久に借金を返済できないということではありませんか?
そうなると税金投入・・・誰のお金だ?となるわけですね。

出生率もいい加減で、昨年成立した年金制度改革法でもすでに、1.32という希望的観測の数字を使用しているわけですね。
さらに、2007年から上昇する?理由が分からないのに、ここでも希望的観測で年金制度改革法を作成し法案化しているわけですね。

将来は給付水準の一段の引き下げを迫られる可能性もあると新聞では書いてありますが、可能性があるのではなくて確定事項と考えて良いのではないでしょうか。こういうことを続けているからこそ、国民年金の納付率は下がるわけで、政府自身が年金不安を生み出していると言えるのに、当の政府はさらにインチキな数字を出して、国民を騙そうとしているのですね。
ですから、国民年金の納付義務がある方たちは払いたくないですよね。こうやって国の制度は崩壊していくのでしょうね。
皆さんこのような状況で良いのですかね?
ホントのこと言おうよ!! 小泉さん!!   by じん
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する