FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2005/04«│ 2005/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2005/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
18:22:17
本日の新聞にヘッジファンドへの資金流入のピッチが鈍ってきたとの記事が載っておりました。

ヘッジファンド大手の英マン・グループの1〜3月期のファンド販売額は前年同期から半減、世界的にも流入ピッチが鈍ってきたとの見方が多い。ファンド乱立で運用が振るわなくなっているほか、投資家がリスク回避の傾向を強めているからだ。
マンが26日発表した2005年3月期決算によると、期末の運用資産は430億ドル(4兆3千億円)。1年間で12%増えた。しかし、2004年3月期は5割資産が増えており、拡大の勢いにブレーキがかかった。
世界のヘッジファンドの運用残高は全体で1兆ドルに達し、過去5年間で倍増したといわれる。低金利や株式相場の低迷に直面した年金基金などに資金を振り向ける動きが広がり、運用のリスク管理手法も高度化した。しかし、運用成績は投資家の期待ほどは振るわなくなっている。
急膨張したファンドが利ザヤをを奪い合う構図になっており、収益機会が減っている。マンの主力ファンドAHLの運用成績は1年間でマイナス5.4%。二桁のプラス運用を続けてきたが、強みを持つ原油など商品市場に進出するファンドの急増が逆風になったという。(日経新聞より)

先日皆さんにご紹介したMan AHLですが、2年くらい前の利回りは22%超えていたのですが、最近はきびしいですね。
同じ手法で運用されている他のファンドも似たり寄ったりで、Quadriga (じんも1年半前に投資)も同様ですね。

先日、じんもMan社(AHL以外のファンド)のファンドを解約して、別の会社のヘッジファンドに切り替えました。

ところで、ジェイブリッジですが、本日は何とか頑張りましたね。
IRによると総会の場所が変更になっているようです。

2005/06/29(水) 定時株主総会
(場所:六本木ヒルズ(アカデミーヒルズ) 40F キャラント/10時?)


スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する