FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2005/06«│ 2005/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2005/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:40:19
5月にゼンケンオールに当選の報告をしましたが、6月は残念ながら当選のご報告をすることができませんでした。他のブログでIPOの当選確率をアップさせる方法なるものを書いているサイトがありましたが、多くの証券会社に申し込む・・ですって。これって、誰でも知っていることですよね。じんとしてはこんなことを書きたくないのですよね。

そこで、少しだけ今までのIPOチャレンジで分かったことをお話します。証券会社によって今までの取引を基準に当選確率を変えているところと申込数により変えているところがあるようです。
今までの取引により当選確率を変えているところは、じんの調べによると(違う場合は教えてくださいね)野村証券、大和証券、新光証券、UFJつばさ証券などです。もちろん、不明なところがありますけれど・・・。上記のものに関しては担当者に確認しました。
公平に割り振っているのは、三菱証券、マネックス・ビーンズ証券、松井証券、楽天証券などでしょうか。
三菱なども合併でUFJと一緒になると3段階くらいに分別されるようです。日興などは確認しておりませんが、取引による差があるような傾向がありますね。

じんの知り合いで、マネックスで5月に2回当てた人がいるのです。マネックスは公平な配当なので良いかもしれません。
口座申し込みはぜひ左のオススメからお願いしますね(笑)。

当選確率を変えている証券会社にはネットで申し込みましょう。その場合は確率を公平にしているとのことです。
さらに申し込みの際に、先にお金が必要なところとそうでないところがあります。基本的にネット取引は野村のホームトレード以外は先に入金でしょうね(これに関してはお知りのことは教えてくださいね)。日興、UFJ、みずほインベスターズなどはネットでのIPOは出来ません。
また、三菱は先入金ですが全額でなくても良いようです(今までの経験)。また、三菱は申込数によって当選確率が変わるようなニュアンスで言っていました。イー・トレードもそうらしいですね。
日興は申込数による当選確率の差はないと言っていました。新光はネットでは一口しか申し込めません。ただし、野村も新光もネットでは主幹事のみの申し込みとなります。
じんの酔っ払い雑談が参考になりましたでしょうか? by jin

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する