FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2005/07«│ 2005/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2005/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
01:11:59
先日、富裕層向けの投資を証券会社が提示してきました。しかしながら、最低投資金額が高いのでじんは無理でしたけどね。現金で今すぐに・・・は無理でした。
その商品は期限前償還条項付・米ドル債というらしいのです。
発行体はBNP PARIBASなのですが、一券面の金額がUSD500,000なのです。つまり、最低投資金額が50万ドルということになりますよね。
どういったものかというとじんが条件を出してもらったときの円/ドルレートが109.50円/ドルだったわけです。半年ごとにそれが償還条件に達しているかをみて、達しているようであればその瞬間に償還期限をむかえるというものらしいです。この時出してもらった償還条件というのは112.00円/ドルです。
つまり、具体的にどういうことかというと本来は償還期限2035年の年利1%の米ドル債なわけです。しかし、期限前償還条項付というのが味噌で、半年ごとのチェックの期限日に112.00以上になっていたら、その瞬間に122.50(条件決定時のレート+13.00円)×500,000ドルで償還されるとのことなのです。
これがもし、2006年の3月に112円/ドル以上の場合には122.50×500,000=61,250,000(6125万円)となるわけですね。
出資金額が54,750,000(5475万円)ですから、約24%/年利となるわけです。本日のレートで111を越えていますからね。可能性はかなりあるわけですよね。しかしながら、1年後となると約12%とパフォーマンスは落ちてきますね。その後はどんどんと落ちてきますから、半年で勝負をしないとヘッジファンドの方が良いかもしれません。
半年の勝負・・・と閃いて500,000ドルある方は挑戦してみたらいかがでしょうか?

カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する