FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2005/08«│ 2005/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2005/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2005/09/09
22:49:53
昨日はMan AHL Diversified plcの近況をお知らせすると同時に新しいファンドの紹介予告をしましたよね。さらに、最新のデータを見る方法をお教えしました。では、それをまず見て下さい。

見ましたか?(笑)
Man AHL Diversified plcのデータの9つ下に下記のように3つ並んでいますよね。しかも、まだ成績が出ておりませんね。当然だけど・・・。

Man AP 2XL USD-Class A
Man AP 2XL EUR-Class B
Man AP 2XL USD-Class C

じんのところに来ている情報では、このファンドの運用手法は、運用資産額を2倍に膨らませ、それをADPの運用方法でもある『先物分散トレンドフォロー型』で40%、残りの60%をさまざまな運用方法をミックスした方法で運用するとのことです。この方法については聞いてみようと思っております。

『先物分散トレンドフォロー型』で40%といってもADPと異なるのは農産物への分散はしないようです。乱高下の大きさと市場の小ささがネックになったようです。2倍に膨らませて運用を行なうことから、ファンドのターゲットリターンは米ドル建てで18?20%、ユーロ建てで17?19%となっているとのことです。

Class A、Class B、Class C となっておりますが、AとCは米30000ドル以上、Bは30000ユーロ以上からとなります。AとBは通貨の違いで販売手数料3%、解約手数料0%と同じです。
しかしながら、Cは米ドル建てだけですが、販売手数料0%で代わりに解約手数料が2年以内の場合は4%、4年以内の場合は3%、6年以内の場合は1%、6年を超えて保有した場合は0%となっております。

じんも様子を見ながら、Cで6年以上の投資を考えております。過去の成績がないので、30000ドルといった感じで様子を見ると思いますけれどね。
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する