FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2005/12«│ 2006/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2006/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:52:22
昨年末、JB関連会社の方に会ったときに、ジェイブリッジ 9318とプリヴェチューリッヒ企業再生グループ 6720(以下9318と6720とします)の違いについてどう思うのか、率直に聞いてみました。
ここを見ていただいている方に共通の疑念ではないのかと思っておりましたので・・・。『株価は業績に収束する』とじんがいつも言ってきた原則があるわけですが、業績は順調なのに株価の上昇が比較的長期間みられないと人々は疑念をいだくのです。『業績報告に粉飾があるのではないか』『そのうち、6720のようなチャートを描くのでは・・』と。

昨年もそんな疑念が皆様からもメールで寄せられました。それに答えていくのもじんの一つの役割かなと勝手に思っているわけです。

そこで、9318と6720の企業再生の違いを聞いてみたのです。9318の企業再生に関しては、桝澤社長がおっしゃるようにハンズオンによる企業再生であるとのことです。つまり、9318から社長を始めとする人材を派遣して中から企業再生をしていくという手法です。
それに対し、6720はそういった手法というよりもお金の面でのサポートという感じらしいのです。じんはその専門家ではなく、あくまでも聞いた話ですので、多少の間違いがあるかもしれません。

さらに、再生対象・投資対象企業の株式取得方法にも違いがあるとのことも聞きました。9318は市場を通さずに株式を取得していく、つまり市場価格よりも取得価格が圧倒的に安い価格で取得できるわけです。
それに対し、6720は株式を市場で仕入れていると思われるので、取得価格が高いのであるということを聞きました。
つまり、9318と6720共に企業再生に成功しても、9318の株取得価格が安いので、利益が大きくなるとのことですよね。

最後に、シナジー効果です。9318はシナジー効果を発揮するように、企業買収を行なっているとのことです。例を挙げると、年末に株の取得を発表した好日ですが、好日やミナミスポーツで小杉産業の製品を売るということで両企業に相乗効果をもたらすものです。
新規出店や内装とかを工事するようなら、機動建設がかかわっていくというようになるわけです。

それに対し6720は、主要子会社に静岡日産自動車、三河日産自動車、神田通信工業、東武運輸プリヴェチューリッヒという感じで、シナジー効果を発揮するのが難しい状況であるのですね。もし効果を発揮するとすれば、東武運輸に静岡日産自動車や三河日産自動車から車両を納車してもらうということになるのでしょうか?
全くないとは思いませんが、シナジー効果としては大きくないような気がしますよね。
そういった意味ではこのシナジー効果が、これ以降はどのくらい効果的に発揮されるかで両企業の将来が左右されるといっても過言ではないような気がします。両企業が投資・再生先企業を決定したときは、こうした視点で判断を加えるというのも必要かもしれません。

上記の内容に関しては、プリヴェチューリッヒ関係者からの取材をしておりませんので、間違いがあるかもしれません。そのあたりはご勘弁をして下さいね。by じん
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する