FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2006/02«│ 2006/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2006/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2006/03/05
14:44:24
先日、何気なく本屋に立ち寄ってみたら、ラビ・バトラ著の2冊の本に目がとまり早速購入して読んでみました。
『資本主義消滅 最後の5年』、『日本国破産のシナリオ』という2冊です。今、平積みになって置いてあるので見かけた皆さんも多いのではないでしょうか?
数年前にこの手の本が多く出ており、いくつかの著者の本を読んだ機会がありましたが、このところ読んでなかったのでこの機会に購入してみようと思い購入してみました。

特に日本に対しての警告本である後者の中から抜粋としては、2006年夏から経済のリセッションが始まるとの予測をしています。
しなしながら、急激なリセッションは起こらず、2005?2006年は嵐の前の静けさと書いてあります。借金だけが雪だるまとも。
2007?2009年財政赤字が深刻化、金利負担が追い討ち。2010?2012年ついに国家破産が現実化、予算が組めないと書いてあります。
2013?2015年徳政令発動、ハイパーインフレへ一直線。2016年?スタグフレーション入り、やがて年率40?60%というハイパーインフレという状況になり、1ドル=360円ということもと書いてあります。

もちろん、これは想像の話でありますが、じんも以前から警告しているように我が国の財政状況は破綻していると言っても過言ではありません。

著者が書いている夏から始まる落ち込みを見通した投資術には興味深いことが書いてありました。『中小企業の経営者の方は要注意だ。事業を拡大したり、投資債務を増やすことはやめるべきだろう。』とリスクを取る事業拡大には注意が必要だと警告しております。
投資先は徹底分散し、3年分くらいの現金を円で保有し、健康に金をかけろと言っています。
もう少し細かいコメントもしているようですが、詳しく知りたい方は本屋さんで見てみるか、購入してみたらいかがでしょうか?
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する