FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2006/08«│ 2006/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2006/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:09:44
NIKKEI NETによると『ニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)期近の10月物は前日比2.14ドル安の1バレル61.66ドルで取引を終えた。ヘッジファンド大手アマランス・アドバイザーズが最近の天然ガス相場の急落に伴い50億ドルの損失を出したと米メディアが報じ、原油を含む商品先物全般で売り優勢になった。』とのことです。

投機マネーが押し上げていた相場が下落することにより、日本を始めとする世界経済にもプラスになると思われます。特に石油製品の価格上昇により、インフレ懸念が起こりつつある現状としては50ドル以下の相場になると良いですけれど・・・。

こうした下落相場が継続するとADPのようなファンドには追い風となると思います。ここで反転上げに転じてくると苦しいのです。今年は幾つかの指標で6月に反転しているので、トレンドの転換局面で損失を出しているのが、成績不振の原因でしょうね。

そうそう最後にプライベートバンク筋からの情報がありました。
『金が先週から大きく売られています。これは地政学リスクということで有事の金を買い進めていたものが売りに回ったことやドルが強くなったことで代替としての金を買わなくなったこと、そしてアメリカ経済に対する見通しが弱くなったため金を含む商品全体の需要が減ると予想されることによります。
実需面で見ると宝石としての金の需要がインド、中東で弱くなってきていることが数字に現れるようになっています。金価格は570ドルを試す動きとなりますが、560ドル以下になることがあれば買いを推奨しています』とのことです。
金は持っていても利息はつきませんが、5%くらいなら所有していても良いのではないでしょうか?
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する