FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2007/04«│ 2007/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2007/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:45:08
タクシ値上げ申請を受けて物価安定政策会議が賛否両論のようです。4/19の会議で引き上げ反対論が噴出、閣内でも見解が割れたため、再び会議を開催するということだそうです。

振り返ってみるとバブルの頃はタクシーが不足しており、乗車したくても乗車できない状況でした。しかも、当時のじんは20代でしたのでちらっと見ては明らかな乗車拒否とも言えるような対応も多々ありました。
時は変わり、現在。タクシー待ちをしていると反対側車線からUターンして対応してくれる状況です。それだけ需要がないというか、供給過多になっているのでしょう。

しかしながら、その一端は平成14年に改正した道路運送法で需給規制が撤廃されたことを忘れてはいけません。平成14年当時タクシーは不足していなかったと考えられるにもかかわらず、規制撤廃により法人タクシーが4000台も増加したのです。需要は増えなかったにもかかわらず・・・ということを忘れてはいけません。
折しも不景気の大波の最中、リストラにあった方々が多くタクシー運転手としてデビューされたという時代背景もありました。

ところで、今回の値上げ申請の理由としては、タクシー運転手の賃金向上のためということですが、値上げをしてはたしてそうなるのでしょうか?

元々の原因は需給バランスに問題の根本があるわけですから、たいした向上はしないような気がします。それよりも、業界が自主的にタクシー運転手やタクシーの台数を削減した方が効果があるような気がするのです。

政府もこうしたことを踏まえて、需給バランスを崩すような規制撤廃をこれからもどんどんとしていけさえすれば良いという考え方を少し方向転換することも必要かもしれません。もちろん、規制に守られて新規参入が出来ないという状況は良いとは思いません。

しかしながら、タクシー業界の今が、明日には他業界にあるということを頭において規制緩和=正義といった図式に改良を加えることも必要だと思います。

それこそ、強いものだけが生き残るアメリカ式の世界が正義なのでしょうか?
皆さんもこれを機会に考えてみることをお勧めします。
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する