FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2007/08«│ 2007/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2007/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
04:42:27
読売新聞によると『政府・与党が2009年度までに目指す基礎年金の国庫負担の2分の1引き上げが09年度以降も実現しない場合、公的年金の財政は49年に事実上破たんすることが4日、厚生労働省の試算で明らかになった。

公的年金加入者に関係する基礎年金は、現在、3分の1強が国庫負担だが、04年の年金改革関連法で、09年度までに2分の1に引き上げることが明記された。必要な財源は、消費税で1%分に相当する2.5兆円で、年末の税制改正で財源の確保策を議論する必要があるとされる。

厚労省の試算は、仮に2.5兆円の財源が確保できず、現状のまま年金を運営した場合を想定。その結果、現在は約150兆円ある年金積立金が49年にはゼロになり、現在20歳前後の人が本来もらえるはずの年金額が大幅に毎年減っていく事態となる』とのことです。

これはあくまでも一つの試算ですが、年金問題も従来の方法では破綻を免れないということの一つの証明ですね。100年安心プランは3年たった今、どうなのでしょうね?
こうした試算が出るたびに20代の国民年金の未納率が上がっていくような気がします。じんも20代でしたら国民年金は払わないでしょうね・・・。
皆さんも破綻しそうな銀行に貯金しないでしょう。

さらに、ここのところで明らかになってきた自治体職員・社保庁職員による年金横領問題が未納率に拍車をかけてくるでしょうね。こうした職員の処分で依願退職扱いをしているケースもあるというのですから驚きです。

舛添厚生労働大臣は厳罰に処すと発言をしておりますが、業務上横領罪の時効が7年であり、刑事告発が出来るのかどうかといった点が次の焦点になってきそうです。
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する