知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2007/09«│ 2007/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2007/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:05:50
携帯電話会社も戦略の違いが鮮明になってきました。AUは従来通りの料金体系を維持する(それに誘導する)作戦ですが、DoCoMoはバリュープランに誘導する作戦、ソフトバンクはホワイトプランを中心としたプランです。

AUとDoCoMoはそれぞれのプランに誘導するべく、2年間の契約とし、それ未満の場合には違約金を取るという方法を取っています。この方法はソフトバンクでも同じで、2年間の割賦販売という条件がついております。

ソフトバンクとDoCoMoの違いは、ソフトバンクでは割賦販売のキャッシュバックがありますが、DoCoMoにはそれがありません。ですので、DoCoMoとソフトバンクを比較するとソフトバンクの方が少し有利な面があるような気がします。

携帯の機種にこだわらなければ、ソフトバンクの980円携帯がお得です。この980円携帯にするとホワイトプラン980円+割賦分980円=1960円の支払になるのですが、キャッシュバックが980円あるので、実際の支払は980円となるのです。
これで家族間は常時無料、ソフトバンク同士なら1時?21時迄は無料となります。

ところで、DoCoMoが11月から始める新しいバリュープランでお得をしようと思う方は705i系の携帯で安価なモデルを選択すると早めに機種代を回収できます。
905i系のように機種代金が高ければ、2年間で元が取れないこともあります。高い機種を選択し、2年間で交換する場合には、従来の方法がお得ということもありますので、熟慮して購入されることをお勧めします。

各社色々と戦略の違いなどが出てきましたね。ますます悩むこの頃です。
スポンサーサイト

カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。