FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2007/10«│ 2007/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2007/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
08:27:07
ロイターによると

『米連邦準備理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準を0.25%ポイント引き下げ4.50%とした。
住宅市場の低迷や信用収縮による経済への衝撃を軽減することが目的。公定歩合も0.25%ポイント引き下げ、5.00%とした。
ただ、FOMC終了後に発表した声明は「インフレへの上向きリスクが成長への下向きリスクとほぼ均衡」と指摘。ホーニグ委員が金利据え置きを主張して利下げに反対票を投じたこともあり、市場では追加利下げ観測が後退した。
FRBは、前回9月のFOMCで0.50%ポイントの利下げを実施。今回の利下げも広く予想されていた。
RBSグリニッジ・キャピタルのチーフ・インターナショナル・ストラテジスト、アラン・ラスキン氏は「追加利下げの可能性がなくなったと受け取るべきではないが、次回FOMCでの利下げ実施のハードルはかなり高くなったと言える」と述べた。
FOMC声明の発表を受け、米債市場は下落。株式市場は、追加利下げ観測の後退で一時値下がりしたものの、その後値を戻し、ダウ工業株30種は137ドル高で取引を終えた。ドルは対ユーロで史上最安値を更新した。
金利先物市場では、次回12月FOMCでの利下げの可能性が、前日の64%から40%に急低下した。 
 FOMC声明は「景気拡大のペースは、住宅市場の調整が深まることを一部反映し、今後短期的に減速する公算が大きい」と指摘。ただ、「(今回と前回の利下げが)金融市場の混乱から発生し得る経済全般への一部悪影響を未然に防ぐことを支援し、時間とともに緩やかな成長を促進する見通しだ」とした。
声明では、インフレリスクにも言及。「エネルギー・商品価格の最近の上昇は、他の諸要因とともにインフレに対して新たな上向き圧力を加える可能性がある」とし、「こうした状況を踏まえ、委員会は、インフレリスクがある程度残っていると判断し、インフレ動向を引き続き注意深く監視していく」と指摘。
「今回の措置により、インフレへの上向きリスクが成長への下向きリスクとほぼ均衡すると判断している」と表明した。』とのことです。

まだまだ、サブプライム問題があると読んでいるのでしょうね。米国の住宅バブルも終わりを迎えつつあるので、景気の先行き不安感の中で利下げが良い方向に働いてくれることを期待します。

ただし、サブプライム問題が解決していないと読んでいるじんとしては、休むも相場で現金保有が多くなっております。この先相場がドーンと下がり、割安な状況が来るまでこのポジションをキープしていこうと思っております。
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する