FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2008/01«│ 2008/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 »2008/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:54:16


少しベストセラーになっている勝間和代氏の著書『お金は銀行に預けるな』を読んでみました。内容的には最初の方で金融リテラシーの重要性について説き、次に株式など個別の金融商品についての説明があり、最後は実践編です。

なかでも、面白いものは銀行が有利な商品(定期預金と住宅ローン)は消費者にとっては不利な商品であるということや個別株は『プロが得して個人が損する』とはっきり書いています。

また、21世紀はコモディティに注目すべきだということはじんと同じ意見ですし、住宅は出来れば購入してはいけないということや車も可能な限り止めるべきという件も意見は一緒です。

肝心の実践編での方法ですが、著者いわく『将来を予測することは出来ない』という観点から、4つに分散投資をすることを奨めております。その4つとは、日本株式・日本債券・海外株式・海外債券ということです。

しかも、ノーロードのインデックスファンドに積み立て投資を奨めております。例えば、月に1万円ずつ(合計4万円)から始めるというものです。

この本の中では個別商品について書いてありませんが、日経トレンディー2008年2月号 35ページに具体的な商品名が出ておりますので参考にされたらいかがでしょうか?
日経トレンディには4種類の個別商品の一例や過去の騰落率なども記載されています。

それでも面倒くさい人には・・・ということで、最初から4種類に分散してインデックスファンドを構成してある積立型の投信『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』なる商品も紹介しています。

この本のタイトルからして、タイトル倒れであまり面白くないのかと思いましたが、なかなか内容がある本だと思いました。皆さんも一度読んでみても良いかもしれません。byじん
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する