FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2008/02«│ 2008/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2008/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:32:45
NIKKEI NETによりますと

「与党の修正骨子案は(1)2008年度歳入法案を年度内に成立させる(2)道路特定財源は税制抜本改革時に一般財源化に向けて見直す――などが柱。暫定税率の扱いには触れておらず、一般財源化も09年度以降の予算編成での措置としている。」

とのことですが、これでは話になりませんね。

なぜかというと、一般財源化の確約も暫定税率の引き下げ案も骨子にはないのです。本気で野党と話し合うのであれば、一般財源化の確約と暫定税率の引き下げプラン(いつからどのくらい引き下げ、いつ廃止するのか)を提示するべきでしょう。
その提示があった時には野党も真摯に協議をすべきであろうと思います。

じんも道路を作らなくてはならないところはあると思うのです。しかしながら、今の計画では必要でない道路も作られているのです。例えば第二東名は必要なのでしょうか?

仮に必要であるとすると東京?海老名でしょう。それを海老名から先を作ってどうすんですか?しかし、東京?海老名を作ったとしても2車線の首都高速と繋げれば大渋滞です。
第二東名が出来た際の海老名でも同じことが起こるわけです。
きちんとした計画だったのでしょうか?

また、四国に3本も橋は必要だったのでしょうか?誰が見ても明らかです。こんなことが繰り返されてきた日本の道路行政です。一般財源化して地方に渡し、地方が自分たちで道路に使うのかどうか決めるのが良いではありませんか?

ここまできたら一度大混乱になって、「我々がこれからの国のあり方を考える機会」とするのが良いと思います。大混乱にでもならないと日本は良くならないのです。
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する