FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2008/02«│ 2008/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2008/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
08:50:30
NIKKEI NETによりますと

『福田康夫首相は27日午後、首相官邸で記者会見し、道路特定財源の2009年度からの全額一般財源化などを柱とした新提案を発表した。ガソリンにかかる揮発油税などの暫定税率の即時廃止には応じない考えも表明。民主党は受け入れに難色を示し、3月末の同税率の期限切れは避けられない情勢となった。一方、与党はオフショア市場への非課税措置などが失効する「道連れ増税」回避のため、期限を4月末まで延長する「つなぎ法案」の提出を野党に打診。ギリギリの調整が続いている。

首相は記者会見で、道路特定財源について「今年の税制抜本改革時に廃止し、09年度から一般財源化する」と明言。10年間で59兆円に上る道路整備中期計画も、期間を現行の10年から5年に短縮したうえで見直すとした。』

とのことです。

上記の新提案ですが、2009年度からの一般財源化の明言というのは新しいことでしょうけれど、暫定税率をどうするのかという提案が全くありませんね。

野党は廃止を主張しているわけですから、もし本気でまとめる気があるのならば、新たな提案としては「今年は継続するけれど段階的に減らして、何時までに暫定税率を本税に戻す」という提案が必要でしょう。
そうした提案がないということは「パフォーマンス」と受け止めてしまいます。

福田総理は何時も後手後手で、土俵際まで行かないと新たなプランが出てきません。
先日の薬害肝炎もそうでしたね。最初は政府としては患者の線引きをしていました。それでは世論が許さないという状況になった数日後に全員救済というプランを出してきました。

そんなことをするくらいなら、最初から全員救済とすれば良かったものを・・・。こうして内閣支持率も求心力も無くなっていくのです。

今回も伊吹幹事長のインタビューが如実に表していますね。「新提案は党内手続きを経たものではなく、政府としての意見だと思います」これって・・・どう思います?
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する