知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2008/06«│ 2008/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2008/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
09:51:14
Nikkei Netによりますと「政府・与党は漁業関係者向けの原油高対策の最終案を固めた。省エネ事業に取り組む漁業者に対し、省エネでもカバーできなかった燃料費の増加分の9 割を国が補てんするのが柱。28日の自民党部会で了承を得たうえで、政府は月内に正式決定する。国が原油高など市況変動に伴う損失に連動した支援を講じるのは異例だ。

燃料費の補てんは、5人以上の漁業者グループが省エネ機器の導入や操業の効率化などで燃油使用量を10%以上削減する場合が対象。10%削減後の燃料費と、昨年12月の原油価格を基準にした省エネ前の燃料費を比較し、その差額の9割を補てんする」とのことです。

それにしても、これってどうなんですかね?
原油高で苦しいんでいるのは漁業関係者だけじゃないはずです。

例えば、ハウス栽培で重油を使用している農業関係者や運送業者、はたまた我々の一般消費者もいるわけです。

それをさておき、漁業関係者だけ補填するというのはストライキをしたからでしょうか?
それでしたら、皆さんストライキをしようではありませんか?

それよりも、今こそ暫定税率を見直す時期なのでしょう。道路が出来ても車が走らないのであれば意味がないんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する