FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2008/07«│ 2008/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2008/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
09:32:18
Man AHL Diversified plcの最新(8/4)のNAVが発表されました。
前回は93.19となりました。しかしながら、今回はどうでしょうか?

皆さんの予想通り?下落という結果(86.91)になりました。というのは、原油にしても、株、為替にしても上下動を繰り返す不安定な動きをしております。

ADPの6/30のポートフォリオを見てみると為替23.1%、債券19.5%、株17.2%、エネルギー16.3%、金属8.7%、金利8.3%、農業製品5.2%といったものが主な投資配分となっております。つまり、この間に不安定な動きをした投資対象が多く含まれているということが分かると思います。トレンドフォローファンドは、こうした相場が一番苦手です。

原油にしてもこのまま下落傾向が続いてくれると我々の生活にも嬉しいですし、投資にとっても良いという、一挙両得になることを願っていますが・・・。

また、いつもの感じでSuperfund GCTと比較してみましょう。じんは3月に解約しましたが、その時点のNAVは2899でした。最新データでは2836となり、解約時点のNAVを下回ってきたということになります。3月末よりも2.17%下落しました。

同様の比較をしてみますと、3月末のADPのデータは88.58でした。今回86.91ですので1.89%の下落となります。
GCTはここ数年の傾向を見てみると相場が上下動するような不安定な相場(現在のような状況)への対応が少し苦手(ADPも決して得意ではありませんが、GCTよりも損を出さない)ということが言えそうです。

つまり、SF社の商品は長くはっきりしたトレンドには強いが、細かいトレンドへの対応が今一つであると考えられます。以前にも書きましたが、SF社はプログラムを見直さないのに対し、Man社やWinton社は毎月見直すというのがここにも表れているのでしょうか・・・。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する