FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2008/07«│ 2008/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2008/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
08:53:01
NIKKEI NETによりますと

 『社会保険庁が試算した2007年度の国民年金保険料の実質納付率は、47.3%と2年連続で5割を下回った。年齢層が低いほど納付率が低いのが特徴。公的年金への不信感が高まるなかで、強制加入による「国民皆年金」の看板がゆらいでいる。

 社会保険庁は所得の低い保険料免除者や猶予者を未納者とは区別し、納付率計算式から除いて納付率を算出している。この免除・猶予者を含めて本当に払った人の比率を示すのが「実質納付率」だ。07年度の実質納付率は社保庁が公表した従来の「納付率」の63.9%を大きく下回る』

とのことです。もし、じんも若者だったら(笑)、払わないでしょうね。

しかも、昨日あたりのニュースで見ていると、保険料の納付率を上げるため、会社に給料を安く設定した保険料を納めるように指導したということらしいですね。

会社としては、社会保険事務所からの提案で保険料の負担が減れば、助かるでしょうからそうしたのでしょうけれど、もらう段階になって問題が表面化してきましたね。

この先、会社と社会保険庁を相手取った訴訟の嵐となりそうな予感がしております。
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する