FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2009/02«│ 2009/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
18:20:18
一昨日、ウィントン・パフォーマンス連動 満期時元本確保型ファンドについて書きましたが、1と2のパフォーマンスの違いについて三菱UFJ証券に連絡をしてみました。

1は7/25にスタートして(今まで勘違いしていたのは7月末の1.0043がスタートだと勘違いしていたのですが、スタート時点での基準価額は1.0000です。つまり、25日から31迄の間に0.0043上がったということになります)、1月末のデータで1.2524と25%強の上昇となっております。

2は12/12スタートで12月末が0.9903、1月末が0.9630と下落傾向にあります。

この違いはなんだろうということなのです。投資先は全く同じでパフォーマンスが違うということに不思議な感じがしますよね。

三菱の解答はまず、「1の場合にゼロクーポン債の割合が60%、2の場合は70%・・・これは金利の低下によるものです。それと、投資をスタートした場合にドーンと資金を入れるのではなく、少しずつ入れていきます。

1は既に投資を開始してから時間が経っておりますので、全てを投資していると考えられる訳です。それに対し、2はスタート直後なので、資金をそろそろと入れている状況であろうと。そのタイミングのズレでパフォーマンスの差が生まれている」・・・という説明でした。

という説明でしたが、なんか「あっ、そうなんだ!」と納得がいく答えではありませんでした。
資料を送るといっておりましたので、その中で情報があればご報告しますね。


スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する