FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2009/03«│ 2009/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
23:14:28
Walton1.jpg
先日、Waltonの説明会に行く機会がありました。

ランドバンキングという言葉からご説明しますと、ランドバンキングとは「開発により値上がりが確実視される土地を更地の状態で購入し、付加価値をつけ売却することで利益を上げていく資産運用方法」です。

ランドバンキングのメリットは株式市場の変動に左右されず、ポートフォリオの多様性を高めるということにあります。MF系が多いポートフォリオの一部に組み込むのは良いと思います。

逆にこの手法のデメリットは投資対象が土地ということで流動性が悪いということにあります。
つまり、換金しようとしても転売は可能ですが、買い手が見つからなければなりません。

それと、日本の税制では5年以下の短期譲渡所得になりますと39%(所得税30%+住民税9%)の高税率がかかるということおよび複利のメリットがいかせないことでしょうか。

さて話は元に戻り、Waltonの場合は、未開発の土地を安く取得し、開発許可を得た時点で開発業者に売却するという手法です。

通常の開発プロセスは、更地→プランニング→開発→開発後の不動産市場・・・という流れになります。その中で、Waltonは 更地→プランニングまでを担当します。

つまり、更地で購入し、プランニングをして付加価値を付けて開発業者に売却をして投資終了ということですね。(続く)
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する