FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2009/04«│ 2009/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
09:38:04
昨日はTulip Trend Fundを材料に円建て・ドル建てで昨年秋の円高進行時のNAVの変化をみてきました。

今回は新ADPがどうかということですが、Man社には円建てファンドが他にありませんので、三菱UFJ証券が扱っている「ランドマーク」と「マイルストーン」で比較することにしましょう。

landmile.jpg

この商品は以前にもご紹介したことがあるかもしれませんが、Man AHL Diversified Ltd(投資分散データが同じでしたね)をベースに三菱がアレンジした商品だと思います。

当然ながら、三菱UFJの手数料が毎月抜かれますので、Man AHL Diversified Futures Ltdよりもパフォーマンスは落ちます。

さて、本題ですが、この商品には円建て・ドル建てがあります。円建ての商品がランドマーク、ドル建ての商品がマイルストーンとなります。

Tulip Trend Fundの時と同じように円高になっていった昨年夏?冬のデータを比較してみましょう。

マイルストーン比較

ここにランドマークとマイルストーンの昨年の8月?12月のパフォーマンスの比較データを作成してみました。(クリックで拡大します)

この表を見て頂くと分かりますが、確かにTulip Trend Fundの時と同じようにUSDの方が若干パフォーマンスは上ですが、17%もの円高ということを考慮すると1.6%程度の差(17.037%-15.429%)はこちらも影響は軽微と考えて良さそうです。(続く)

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する