FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2009/06«│ 2009/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
22:43:30
3Aファンドの5月の成績情報が入ってきました。

まず、MF(マネージドフューチャーズ)戦略のTrading Fundです。Wintonの情報の時にもお話をしましたが、方向感のないトレンドが継続し、短期トレンドフォロー戦略が35.1%入っているにもかかわらず、-0.42%と冴えない結果となりました。これで3月?5月まで連続してマイナスになりました。

3Aトレーディング・ファンドのコメントは
『今月、当ファンドはマイナスだった。今月も株式市場は引き続き回復した。今年に入って非常に堅調なパフォーマンスを見せている長期債が、政府の財政赤字に対する懸念により値下がりした。

米ドルはすべての主要通貨に対して下落した。天然ガスを除いて、エネルギー価格は続伸し原油は20%以上の回復を見せた。このような状況で、ほとんどの中期CTAは依然 として「下落」ポジションをとっていたために苦しんだ。

世界的に株式をショートし、債券をロング、コモディティをショートしていた。短期CTAはより迅速に適応し良いリターンを出した。マクロシステマティックファンドは平均してポジティブリターンを出した。

短期利回り商品でのロングポジションから良いリターンを上げ、債券のロングポジションの損失を相殺した。通貨でもよいリターンを出した。全体として、証拠金率は徐々に上昇している。 』

逆に、MF以外のファンドの3Aコモディティファンドですが、こちらは堅調です。5月も+5.32%となり、年初来では+10.72%となりました。

MFが多い方はこちらのファンドに投資をするあるいは乗り換えることで、個々のファンドの相関を減らし、分散効果を高めることができると思われます。

3Aコモディティ・ファンドのコメントは
『5月、世界のコモディティはリスク選好の回帰により利益を上げた。一部のコモディティ指数は、パーセンテージで1974年以来最大の上昇を示した。

需要の下落に歯止めがかかり、世界各国の政府、特に中国による景気刺激策が機能しはじめているという考えや、これらの刺激策が高いインフレと米国ドルの下落を引き起こすという懸念を背景として、コモディティへの資金回帰が見られた。

この現象は5月の原油市場で見られた。一人を除くすべてのファンドマネージャーがポジティブだった。全体として、ファンドマネージャーらは短期と超長期的には強気を維持している。しかしながら、中期的な見解においては意見が分かれる。

上記のように考えを信じてそれに従ってポジションをとるものや、一方でその考えに疑問を持ち、現在の回復はセンチメント主導の反発に過ぎないというものもいる。これに基づいて、ポートフォリオにおいてディレクショナルのエクスポージャーが増加し、マネージャーは上昇の波に乗った。

一部のマネージャーはディレクショナルの上昇バイアスを維持したが、より守備的なレラティブバリューポジションに戻したものもいた。ポートフォリオの主役はオイルトレーダーだった。強気のトレードで、5月のリターンは17%を超えた。

ワーストパフォーマーは家畜・穀物トレーダーで、豚とインフルエンザによって損害を受けた。
ポートフォリオ は、6月も引き続き順調にパフォーマンスを続けている。
継続的に堅調なリターンを上げるために適切なポジションをとっていると自信を持っている。 』

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する