FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2009/07«│ 2009/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
22:41:04
先月のパフォーマンスをお知らせしました3Aファンドですが、日本語版のコメントが入ってきました。

以下がコモディティ・ファンドのコメントになります。

『コモディティ市場は、今月後半において、他のリスク資産と合わせるように軟調だった。米ドルが安定化し、債券利回りは下落、焦点は将来よりむしろ現在の世界経済の動向に向けられていた。

当初予測されていたよりも良好な収穫や小麦・トウモロコシの大幅な下落で、農業取引を行うファンドマネージャーらは損害を受けた。

今月末にUSADが報告を発表し、トウモロコシと小麦用の予測面積を引き上げた。大豆は上昇したが、トウモロコシと小麦はこのニュースを受けて大幅に下落した。多くの市場での売却の重要な要因の一つは、コモディティ指数関連商品からの膨大なマネーの流出だった。

このフローは、伝統的商業先物取引者を超えた市場への幅広い参加を反映しており、非常に幅広いマクロ経済原動力によって動かされている傾向がある。今月は楽観的観測が若干後退し、コモディティは堅調な回復にすでに織り込まれているという見方だった。

ファンドマネージャーのパフォーマンスはさまざまだった。彼らは、長期的にはほとんどすべてのコモディティに対して強気の姿勢を維持しているが、今後数週間のマーケットを注視している。彼らは、概して、コモディティ市場が彼らの考えるファンダメンタルの需要と供給レベルを超えていると考え、リスクを取り除いた。

6月、オイルトレーダーは市場でほとんどボラティリティを見ることがなく、ベーシスポイントの下落で終了した。

今月の優秀パフォーマーは5月に新規追加した農業ファンドで、2%超のプラスだった。一見するとさまざまだが、全体としてマネージャーらは良いポジションをとっていると感じている。 』

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する