FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2009/07«│ 2009/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:12:28
毎日jpによりますと

「<コンビニ売上高>最大の落ち込み幅 7月7.5%減 (毎日新聞)

 日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した7月の全国主要コンビニエンスストアの売上高は、既存店ベースで前年同月比7.5%減の6548億円だった。売上高の減少は2カ月連続だが、落ち込み幅は98年12月の調査開始以来最大。たばこ自販機用成人識別カード「タスポ」導入効果の一巡が最大の要因で、便利さを武器に“小売業界の優等生”として、成長を続けてきたコンビニの失速ぶりが鮮明となった。

 タスポの全国への導入は昨年7月で、カードを持たない喫煙者が来店する「タスポ効果」の追い風を受けてきたコンビニ業界だが、導入から1年が経過して追い風は消滅。7月の来店客数は4.5%減の11億5578万人で、1年4カ月ぶりに減少。客1人当たりの平均単価も3.1%減と8カ月連続で減少し、スーパーなど他の小売り業態と同様の消費不振が直撃した形だ。」

とのことです。

予想されたこととは言え、まだまだ日本の夜明けは遠いようです。タスポ効果が切れた今となってはスーパーや百貨店などと同じように固い消費者に跳ね返された感じです。
今後も上昇するような明るい材料があるわけではないので、暫くは非常に厳しい状況が続きそうです。

ところで、スーパーなどの弁当ですが、一段とデフレに拍車がかかってきているような気がしております。西友は298円の弁当を出しましたし、先日TVで銀座のデパ地下で500円弁当を取り上げたりしていますね。先日も車で走っていたら、250円弁当や290円弁当と書いてあるお店もあります。

弁当業界も消耗戦の気配を呈してきました。一時は敬遠されていた中国野菜もまた売れ始めているとの話題もありますし、段々と食の安心どころではない状況がうかがい知れます。

またまた、話は変わりますが、先日知り合いと話していたら、ご友人の方が23区内にビルを所有しており、現在その3フロアに国内大手の自動車メーカーが入っているとのことだそうです。
しかしながら、内々に打診があり、来年3月末で契約更新をしないらしいのです。

その方の悩みは、テナントの売上で建築費などを払っているので、テナントが入らないと自宅を売って支払をしなければならないということだそうです。しかしながら、こんな状況ですので今後入りそうな見込みの企業はあまりないですよね。そうなると自宅を売るというシナリオが現実味を帯びてきます。

これを聞いた時にこうした方は案外多いのではないかと思いました。いわゆる個人大家さんの物件ですね。そうした方々が自宅を売りに出す。そうなればさらに住宅価格の下落を招くというスパイラルです。
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する