FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2009/08«│ 2009/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
08:07:35
3A Commodity Fundの7月の成績の日本語コメントが入ってきました。
7月の成績は先日お知らせしましたように、-0.38%となりました。

3Aのコメントは下記になります。

『ほとんどのコモディティ市場は先月とほぼ正反対の動きを見せた。

月の前半は弱含み、後半になって力強いパフォーマンスを示したが、それは主に力強い中国の成長や米国での予想以上に良好な企業収益によるものだった。

農業セクターは改善される供給状況の圧迫を受け続けていた。米国での気候は非常に順調で、とりわけトウモロコシや大豆などに利益をもたらすが、それらは過度の暑さに苦しむことになる。

オイルに関しては、今月初めの世界的なリスク許容度の減退、また規制変更や巨大ヘッジプログラムの設置、OPECメンバーによるマイナーリークに関する不確実性によりダメージを受けた。

世界的なリスク許容度は月後半になって回復した。規制強化についての議論は継続しているが、このポイントにおいてはいかなる変更も市場に利益をもたらすものであり、害のあるものではないようである。

ほかの2つに関しては長続きするものではなかった。ファンドマネージャーの一人はオイルポジション において非常に強気を維持する一方で、今後2?4半期を注視しているものもいる。

したがって、現時点においては、市場の短期的なダイレクションに関する意見は大きく分かれてい る。しかし、彼らはみな長期的なダイレクションは上昇することに同意している。

既報の通り、先月当ファンドのマネージャらはリスクを回避して月末までそれを増加していない。8 月、すべてのファンドマネージャーのパフォーマンスはプラスであり、堅調なポジティブリターンを計上すると期待している。 』

情報筋によりますと「8月はプラス2%くらい行きそうだ」という話がありました。

また、先日3Aのディレクターに「このファンドは米ドル建てしかありませんが、今後の米ドルが弱含みである点はどうか?」という質問をしましたところ、「殆どの商品は米ドル建てで取引されており、仮に米ドルが安くなった場合には現地の価格を上げてくる。そうなれば商品価格も上がってくるので心配していない」という回答でした。

MF以外のファンドとしては面白いのではないかと個人的には思っております。
スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する