FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2009/10«│ 2009/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
15:08:17
少し前の金融危機時にチャンスと思い買った豪ドルの投資先を探しておりましたが、良さそうなファンドがありましたので投資をすることにし、アドバイザーの所で書類を記入・提出してきました。

そのファンドとは、LM Managed Performance Fundというファンドで、このファンドの特徴は固定金利のファンドであるということ、および投資可能通貨が多い(南アフリカランドやトルコリラもある)こと、最低投資金額が低いこと(5000AUD程度から可能)ですね。

LM Managed Performance Fundですが、ファンドで集めた資金を商業施設開発業者などに貸し付け、その金利でリターンを得るという商品です。ファンドの内容的には理解しやすいと思います。

つまり、貸付先がきちんと返済を続けている場合には、ファンド収入は安定し問題はありません。ただし、大量に不良債権が発生した場合には、問題が発生すると思われます。
ちなみに、今までに貸付が不良債権化し、元本割れになったことは無いと聞きました。
当然ながら昨年の金融危機でも問題がなかったということになります。
そうした点を踏まえて、今回投資をすることにしました。

オーストラリアの商業不動産に将来性があると考える方に・・・という商品だと思います。

11/1現在の予定リターンは以下のような感じです。左から3年・2年・1年となります。

LMRateSheet200910_20091115144447.jpg

今回は57円台前半で購入した豪ドルがありましたので、36か月(3年)・金利9.5%/年でお願いしました。ただし、注意点としては解約時(つまり3年後)の3ヶ月前までに、次をどうするのか(例えば継続するのか、利息だけを引き出すのかなど)を知らせないと自動的に1年の継続となるといっていました。こうした点は注意が必要かもしれません。

皆さんも購入時に、リスクや注意点などアドバイザーにきちんと確認する必要があると思います。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する