FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2009/11«│ 2009/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/01
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
19:53:49
9月のコメントの中で「ポートフォリオはファンド数において変化はなかったが、10月の終わりに新しいマネージャーを追加する予定だ。10月のパフォーマンスは今のところ若干のプラス」と言っていましたが、残念ながら10月のパフォーマンスはそれ以降若干のマイナスを記録し、トータルで-0.62%となったようです。

それでも、年初来の成績は+9.82%とポートフォリオに組み込むには有力なファンドであると思います。

以下は日本語のコメントになります。

『10月の前半、コモディティ市場はドル安と新興国市場の成長に支えされて力強く反発した。しかし、1バレル80ドルの経済成長に対する影響が月後半にかけて現れ始め市場は低迷した。

それでも今月はほとんどが上昇したが月半ばの高値は大きく下回った。原油市場において投機的参加者が増加したことで、原油は1バレル65ドルから75ドルのレンジをブレイクし、月半ばには1バレル80ドル越えの高値を付けた。

当ファンドのオイルトレーダーは上昇スタンスを維持し順調なパフォーマンスを上げた。ファンドマネージャーらが予測していたように、市場の流動性とリスク許容度がさらに向上した。

当ファンドのマネージャーらは、(徐々に拡大する世界のPMIや向上する世界の取引データに示されるように)世界のGDPや工 業生産の継続的な回復に下支えされ、今後3四半期のコモディティに対する見通しは上昇基調であるとみている。

今月もまた各ファンドのパフォーマンスはさまざまだった。

オイルトレーダーは6%を超える上昇だったが、砂糖と大豆の下落を主因としてマルチコモディティ戦略マネージャーの一人がー6%を計上した。

残りはすべて若干のプラスまたはマイナスだった。ポートフォリオ内の投資マネージャー数に変化はなかった。

10月の終わりに新規マネージャーの追加を検討していたが、追加のデューデリジェンスを行う必要性があったため11月終わりまで追加されないこととなった。今月は今のところ若干のプラス。』

先月のコメントによりますと、10月末にあたらなファンドマネージャーを入れる予定でしたが、デューデリジェンスの関係で延期になったと言っていますね。

11月もコメント時点ではプラスと言っていますが、わかりません(笑)。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する