FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2009/12«│ 2010/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:48:18
以前にもお知らせしたと思いますが、ドル建て決済カードいうのをご存知でしょうか?

SBIカード(レギュラー)もその一つで、他にも2通貨決済機能付きソニーカードやシティドルカード、日興プラチナデビットカードなどがあります。

しかしながら、知ってお得でお伝えするSBIカードの特徴は年会費が無料であるということです。その他のカードはソニーカードが5250円、シティが105米ドル、日興は21000円とそれなりの金額です。

自分としてはこのカードを利用するのはドル建て決済のみで、他にメインカードがあります。そういった意味からも使用頻度としては高くないのです。

そこで、年会費無料というのが強みになってくるのですね。また、為替手数料も片道20銭とFXに比較すると安くはないのですが、普通銀行の片道1円よりはお得です。大量に交換するときには、FXで交換して銀行に出金してもらえば良い訳です。

通常米国などで買い物をした場合には、VISAの場合にはVISA調達レート+1.63%、Masterの場合にはMaster card調達レート+手数料1ドルあたり3円となっているようです。

よく海外で買い物をしてお得をした気分で日本に帰ってきたのに、なぜか請求のときには高いという経験をされた方はいませんか?

自分もその一人だったのです。

そういった意味からもドル建て決済カードを一つ持っておくもの有効です。

このカードのお得な利用方法は、SBIネット銀行に支払い口座をすることです。他の銀行ではドル建て決済ができません。そうした上で円高時にSBIネット銀行のドル普通預金口座にドル預金をします。

そして請求時にドル建てで支払いたいものを選択して支払うようになります。
(例えば、3つドル建ての請求があったとしますが、そのうちの一つだけドル建てで支払うということも可能です)

仮に請求時に円安になってしまいお得でない場合には、円建てで支払うことも可能です。

うまく使い分けることで皆さんもお得をしませんか?

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する