知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2010/01«│ 2010/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2010/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:30:08
2009年12月14日のブログで「どんなポートフォリオが良いのか?」というテーマでブログを書きましたが、その続きとなります。

今回は投資金額に合わせて、500万円、1000万円、2000万円と分けて考えてみます。

ところで、昨年、今年と今一歩マネージド・フューチャーズ(MF)の成績に精彩がありません。だからといって、「MFへの投資を避けましょう」というつもりはありません。トレンドが戻ってくれば、成績も戻ってくるはずですし、金融危機などになった場合に、一番信頼できるのがこのファンド(MF)でもあるからです。
それでも、自分のポートフォリオを毎年見直しをしているのは事実です。SF GCTは解約しました。
この1、2年を見てきて、「どのようなポートフォリオだったらもっと良いのか?」ということがさらに分かってきたのです。

そこで、第1弾(12/14のブログ)で、「どのようなポートフォリオだったらもっと良いのか?」ということを書いたのです。その時は、MFと3A CommodityとBRANDEAUXだったのですね。
もちろんこの組み合わせは悪くないと思います。
しかしながら、今回はもう一歩踏み込んで検討してみたいと思っております。

今回のテーマは、「まだ投資を始めていない友人にどういったポートフォリオを勧めるのか?」ということです。

今まで見て頂いている方は良くご存知でしょうけれど、MFをベースとして、それ以外のファンドに分散投資というのが基本的な自分の考え方です。

では、検討開始です。今回は3つのプランを考えました。

1つ目は投資金額500万円です。今回の仮定として、1米ドル=90円、1豪ドル=80円、1カナダドル=85円とします。

この場合苦しいのは、分散です。なぜなら、MFに投資する場合には最低投資金額が1万ドルとかの商品があまりないからです。

この場合あえて分散を優先するのであれば、MFに関しては海外投資を止めて、三菱UFJ証券で取り扱っているランドマークとか、マイルストーンにする方法もあります。

以前にこのファンド(ランドマーク・マイルストーン)を検証したときに投資種別分散の状況から、Man AHL Diversified Futures Ltd と同じと推測できる書きました。

ただし、三菱UFJ証券の手数料分が掛かるので、AHL Diversified Futuresよりもパフォーマンスが悪くなるのが欠点です。数年だと大きな変化を感じないのかもしれませんが、中長期の投資の場合にはこの点も考慮することが必要かもしれません。

では、三菱のランドマークを取り入れてみたポートフォリオです。

・マン・AHL・ランドマーク (円建てになります) 200万円(円高時にマイルストーンに乗換を検討する)
・3A Commodity Fund 米ドル建て 2万ドル(米ドルのみ)180万円
・LM Managed Performance Fund 豪ドル建て 1.5万ドル 120万円
投資総額 500万

次に、1万ドルから投資可能な3A Trading Fundに置き換えることもできます。

・3A Trading Fund スイスフラン建て 160万円(1スイスフラン=80円と仮定)
・3A Commodity Fund 米ドル建て 2万ドル(米ドルのみ)180万円
・LM Managed Performance Fund 豪ドル建て 2万ドル 160万円 
投資総額 500万円

3A Trading Fundは投資可能通貨に、米ドル・ユーロ・スイスフランがあります。米ドル建てにするとポートフォリオの中で米ドルだけが多くなってしまいますし、ユーロは以前からお話ししているように不安があります。
そこで、このポートフォリオではスイスフラン建てを選択してみました。

上のプランの欠点は円高時にドルに乗り換えた場合に、ドル建ての割合が多くなるということでしょうか。
下のプランでは3Aに資産の多くをいれてしまい、投資会社の分散が出来ていないという面があるかもしれません。

LMに関しては、昨年晩秋にこのファンドを購入しましたので、その時のブログを参考にしてください。

ここまでは単独投資で考えて来ましたが、パッケージャーを利用するという方法もあります。(続く)

スポンサーサイト

カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。