FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2010/03«│ 2010/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2010/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
19:00:44
昨年から今年の始めに不調だったマネージドフューチャーズ(MF)の成績回復がここのところで顕著になってきました。

Man AHL Diversified plcも91.29と先週よりも3.76%の上昇となったようです。昨年末のNAVが86.06でしたので、年祖h来の上昇率は6.07%となりました。

Tulip Trend Fundはさらに凄いことになっているようです。こちらは現時点で3/31のデータまでしかHPにアップされておりませんが、3月の月間データとしてTULIP D USDで+22.27%、年初来のデータとしても+12.25%を記録してきました。

同じようにSFのGCTも回復傾向にあります。ことらも1月は不調でしたが、2月から調子を取り戻し、年初来のデータとしても+11.51%となってきました。

しかしながら、SFの注意点としてはブレが非常に大きいことにあります。

GCT.jpg

上記のデータはGCTのデータになりますが、2004年以来のパフォーマンスを見て頂くと見事にプラスの年とマイナスの年が交互に来ていることが分かります。

ADPがマイナスだった年は2009年だけだったのに対し、2回も多くマイナスの年があることになります。そういった理由から自分は2008年にSF GCTを解約しました。

もし、SFをお持ちの方で、さらに今年の上昇でプラスのパフォーマンスになっているようでしたら、他のMFに乗り換えることをお勧めします。

自分は2004年までのパフォーマンスをみて、ブレはあるがマイナスの年がなかったので2004年に投資を開始しましたが、投資開始以来調子が今一歩ぱっとせず、やっと回復してきた2008年に売却を決めたのでした。

仮に2003年2月のNAV 2583.34で投資を開始された方がいたとしたら、現在のNAV 2447.00ですのでまだ含み損ということになります。投資のタイミングも難しいファンドです。

そういった意味からすると同じようにブレが大きいファンドでも、Tulip Trend Fundの方がリスクコントロールがうまくいっていると思われます。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する