FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2010/09«│ 2010/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:08:59
Dighton-ASP-USD_Sept2010.jpg

ここにきて復活傾向のあるMF系ファンドですが、ダイトン・ファンドも復活を見せております。このファンドに関しては数年前から状況を注視してきましたが、そろそろご紹介しても面白いと思いました。

実はここでは紹介していませんが、自分としては追っているファンドというのは他にも幾つもあります。

話は戻り、このDighton Funds SPCですが、リーマン・ショック後にかなりの上昇をしてきたのですが(といっても他のMF系もでしょうけれど)、12月に急落をしたのです。表を見ていただくと分かるのですが、2008年12月だけで実に-22.7%もの下落を記録しました。(とは言っても2008年の年間のパフォーマンスは+27.1%なのですが・・・)

そこで、その後のパフォーマンスがどうなっていくのか状況を見極めようと思いました。やはり、昨年は他のMF系と同じように年間を通じてマイナスを記録したのです。

そして、今年はどうかというと同じように復活してきました。大きな流れをみると他のMF系のファンドと傾向はあまり大きく変わりません。

ただし、このファンドはTulipやManのAHLのようなコンピュータシステムによる売買ではなく、「ファンドマネージャーの判断による売買」というのが大きな違いだと思います。

そのため、今年の6月のデータを見てもらうとADPなどは1月,2月,5月,7月にマイナスを記録しておりますが、このファンドは1,2月は逆にプラス、3〜5月がマイナスで、6〜9月はプラスといった感じで動きが少し違っております。

「MF系の比率は減らしたくはないが、システムトレードではないファンドはないのか」とお考えの方や、「SFに投資をしているがパフォーマンスが・・・」とお悩みの方などが乗り換えるには面白いのかもしれません。


スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する