FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2010/11«│ 2010/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/01
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:41:23
仮にですが、30万ドルのADPの残高があるとします。

1.ADPの半分程度を解約する・・・ここでの想定は15万ドルとなります。

2.安定的なファンドにその内の2/3程度を再投資・・・つまり10万ドルですね。

3.ボラティリティが大きいが期待値も大きいファンドに1/3程度再投資・・・そして残りの5万ドル

1)ADPは15万ドル解約したとすると残りは15万ドルとなります。

2)ボラティリティが少なく、安定的な上昇が期待できるファンドであればどのファンドでも良いのですが、今回の頭の体操では以前から安定感抜群とご紹介しているBrandeaux Student Accommodation Fundで考察してみます。

こちらの上昇率を9.6%/年とします。(このファンドはGBP建てが基本ですが、ここでは計算を簡便にするためにUSDで考えてみます)

3)ボラティリティが大きいファンドとして、Dighton ASPを選択したとします。
2008年は27.1%、2009年は-15.30%、2010年は36.2%(こちらも同様に11月までのデータを使用)となります。

さて、では頭の体操スタートです!!

ADP単独投資の場合

2008年の1月に30万ドルを投資したとします。2008年の終わりには、39.96万ドルとなります。そして、2009年には33.21万ドル、2010年には36.06万ドルとなりますね。


それでは、想定ポートフォリオの場合にはどうなるのでしょうか?

想定ポートフォリオの場合

1)ADPに15万ドル。同じように考えてみると2008年末に19.98万ドル、2009年末に16.61万ドル、2010年に18.03万ドルという計算になります。

2)Brandeauxは毎年9.6%と考えて2008年末に10.96万ドル、2009年末に12.01万ドル、2010年に13.17万ドルという計算になります。

3)Dightonですが、2008年末に6.36万ドル、2009年末に5.38万ドル、2010年に7.33万ドルという計算になります。


ADPをそのまま保有していた場合でも30万→36.06万ドルでしたね。特別に悪いというわけではありません。

想定ポートフォリオの場合にはどうでしょう?

18.03+13.17+7.33=38.53万ドルとなりました。こちらのほうが結果的に成績が良かったですね。

年毎の経過も見てみましょう。

2008年末 19.98+10.96+6.36=37.3   (39.96 ADP単独保有)
2009年末 16.61+12.01+5.38=34.0   (33.21 ADP単独保有)
2010年末 18.03+13.17+7.33=38.53   (36.06 ADP単独保有)

(*2010年末と書きましたが、ADP/Dightonは11月のデータを使用しております)

今回はより分かりやすくするために、グラフにしてみました。


201012271008173ce.jpg

青のラインがADPを単独で保有していた場合、赤のラインは想定ポートフォリオで保有していた場合となります。
これを見ていただくと、ブレが少なくなっていることがお分かり頂けると思います。

(続く)

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する