FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/03«│ 2011/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2011/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:00:12
BSAF(贈)_FactSheet_April_2011 BSAF($)_FactSheet_April_2011.jpg

Brandeaux Student Accommodation Fund の3/31付けのパフォーマンスが出ました。
今回はポンド建てとドル建てのファクトシートを並べて表示してみました。

まず、ポンド建てですが、この1年は+9.72%となりました。設定以来の年利平均は+9.70%ということです。

次に、ドル建てですが、この1年は+9.00%となりました。ドル建てはまだ始まってからあまり時間が経過していないので過去のデータはあまりありません。

この2つを比較して、ドル建てのパフォーマンスはかなり健闘しているという印象です。というのは、Brandeauxドル建てのターゲットリターンは5〜7%となっているからです。

このファンドに関しては、以前からお伝えしておりますので特別に言うことはありません。いつもながら、安定したパフォーマンスに敬服するのみです。

今年のように、MF系のファンドのパフォーマンスが安定しない年には、ポートフォリオ全体の安定とパフォーマンスのかさ上げをしてくれるファンドでもあります。じんのオススメファンドの一つでもあります。

唯一の欠点は、ラップ口座を通じないと購入できない点です。ご存じの方には釈迦に説法ですが、ラップ口座を利用する最大の利点はファンドの乗換がし易いということにあります。

しかしながら、その反面ラップ口座に資金を入れる際に初期手数料がかかりますし、ファンド購入時に購入手数料がかかったり、維持管理費用として手数料がかかったりと色々な点でコストがかかってくるのも事実です。

仮に、年間管理手数料が1%だとすると9%で回っているファンドでも自動的に8%になってしまうのです。

Brandeauxは大変素晴らしいファンドですので、年間管理手数料を払ってまで投資をするのに値するとは思います。なぜなら、間違いがないからです。

しかしながら、負担すべきコスト(年間管理手数料など)で躊躇してしまう人もいると思うのも事実です。
そこで、そうした方のために他の選択肢として「Mansion Student Accommodation Fund」をご紹介することにしたのです。

ただし、現時点の信頼度ではBrandeauxに軍配が上がると思います。信頼度のBrandeauxにするのか、コストとパフォーマンスでMansionにするのか悩むところでもあります。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する