FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/03«│ 2011/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2011/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:57:42
大和ネクスト銀行の銀行営業免許が2011年4月12日付けで金融庁より取得し、2011年5月13日にの開業するようです。

大和ネクスト銀行 http://www.bank-daiwa.co.jp

主な商品・サービスを確認すると、

1.円普通預金・円定期預金
2.振込・振替
3.スウィープサービス(大和ネクスト銀行口座と大和証券証券口座間の自動振替サービス)

だそうです。

「スウィープサービス」とは、住信SBIネット銀行の「SBIハイブリット預金」と同じようなものだと思ってください。

「SBI ハイブリッド預金」は、SBI 証券での現物取引の買付代金や、信用取引における必要保証金・現引可能額に充当できる銀行預金(円普通預金)です。元本保証で普通預金金利よりも金利設定が高いのが特徴です。

住信SBIネット銀行の場合には、普通預金口座に入金し、ホームページからハイブリット預金に移行させることでSBIハイブリット預金に入金となります。そうすることで、金利の高い預金とSBI証券の買付余力としても反映されるのです。(SBI証券に入金した場合には、自動的にハイブリッド預金口座に移行します)

ちなみに、4/25現在では個人普通預金金利が0.040%、SBIハイブリット預金金利は0.120%となっております。

大和ネクスト銀行の場合には、HPでも詳しいことが書いていないのではっきりとは分かりませんが、先週の日経ヴェリタスによりますと、ハイブリッド預金のような口座で0.2%程度の金利になるのではないかと書いてありました。

「SBIハイブリット預金」以上のサービス・金利設定だと良いですね。SBIグループは、SBIカードもあり、こちらは住信SBIネット銀行のドル普通預金口座から、ドル建てのカード請求を引き落とすこともでき、非常に便利です。

円高時に住信SBIネット銀行のドル預金口座にドル建て預金をしておいて、ハワイなどの旅行時にSBIカードを利用する。そして、帰国後、請求時にさらに円高になっているようであれば、円で支払う。仮に、ドルで支払ったほうが有利であればドルで支払う。選択ができるのも便利です。

こうしたサービスなどもあるとさらに良いですね。我々とっては選択肢が増えるのは歓迎です。

特に、最初はオープン記念金利があるでしょうから、今からチェックしておく必要がありそうです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する