FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/03«│ 2011/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2011/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:42:42
昨日の毎日jpによりますと


<倒産>栃木・湯西川の老舗高級ホテル 風評被害が追い打ち

東京商工リサーチ宇都宮支店によると、栃木県日光市の湯西川温泉で300年近い歴史を持つ「伴久ホテル」(客室数109、伴久盛社長)が26日までに宇都宮地裁に破産申請し、手続き開始決定を受けた。負債総額は約30億円。不況に東日本大震災と福島第1原発事故に伴う風評被害が追い打ちをかけ、4月はほぼ「開店休業状態」だったという。

 同ホテルは平家の落人の末裔(まつえい)、伴家が1718年に創業したという。民間旅行関連会社の全国調査でも常に上位にある人気ホテルで、同支店によると、ピーク時の95〜96年には年間20億円台の売り上げを計上した。

 震災で施設の被害はなかったが、福島県に近いため、原発事故を理由にした予約キャンセルが続出した。

 同支店は「日光や那須など県内のホテルはどこも厳しい状況」とし、今後も倒産が続く可能性を指摘している。


とのことです。現在は何とか耐えている日光、那須、茨木、福島などのホテルや旅館、観光施設、ゴルフ場などは非常に苦しい状況に陥りつつあります。今後も経営破綻が続出するのではないでしょうか。

知り合いから聞いた話ですが、JTBも業績不振で首切りをしているようです。

それは、原子力発電所の問題が解決出来れば別ですが、先日東京電力が示した工程表通りには作業が進められない(進むことを望みますが、放射線量が高くて作業ができない状況が継続すると思われる)と思われますので、数年単位で時間がかかると考えられます。

政府は「工程表を前倒しして実施をするように東京電力に働きかける」と言っていますが、遅くなることはあれども前倒しは不可能ではないかと個人的には思っております。

「前倒しを・・」と言って、後から落胆させるようなことにならないか、非常に危惧しております。

遅れれば遅れるほどこうした被害者が続出することにもなるので、改めて原子力発電所事故の怖さを感じます。
フランスのように地震が来ないところで、原子力発電所を計画するのであればまだしも、地震大国の日本で原子力発電所は必要なのかを考えさせられる事故です。

TVなどが原子力発電所に反対をする立場の学者を招いて番組を作ろうとすると電力会社が反対して、スポンサーから降りると脅かすとのことです。ですので、今の原発事故報道を見ても、御用学者ばかりですね。

こうした番組を信用せず、確かな目を持つように心がけたいものです。


スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する