FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/04«│ 2011/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
09:09:47
日本経済新聞ネットによりますと

「5日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は大幅に4日続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の6月物は前日比9.44ドル(8.6%)安の1バレル99.80ドルで終えた。期近物の下落率としては2009年4月以来、約2年1カ月ぶりの大きさ。低調な米雇用関連指標や対ユーロでのドルの上昇を背景に、売りが膨らんだ。

 通常取引終了後の時間外取引で6月物は98ドル台前半まで下落し、3月17日以来ほぼ1カ月半ぶりの安値を付けた。

 欧州中央銀行(ECB)が5日の定例理事会で政策金利の据え置きを決定し、トリシェ総裁の発言で来月にも利上げするとの観測が後退した。外国為替市場でユーロ安・ドル高が進んだため、ドル建てで取引される原油の割安感が薄れた。

 朝方発表の週間の米新規失業保険申請件数が市場予想に反して大幅に増加した。米景気回復の遅れに伴い、目先の原油需要が伸び悩むとの見方も売りを誘った。

 このところ大幅に上昇していた原油や金、銀など商品先物相場には過熱感が強まっていた。今週に入り銀先物相場が急落したことをきっかけに売りが広がったという。

 ガソリン、ヒーティングオイルも大幅に続落した。」とのことです。

商品「ミニバブル」崩壊との見方もあり、上昇してきた商品関連の指標の逆転現象が起きております。
そのため、ADPのNAVも5/2には99.01と3桁の大台復帰まで目前と迫っていましたが、5/4の概算データでは96.46と再び下落してしまいました。

こうした指標の反転時には、マイナスが出る特徴があるトレンドフォロー戦略のファンドですが、どこまででマイナスを食い止めることが出来るのかがファンドの腕の見せどことでもあります。

原油も下落するのであればしばらくこうした方向で、動いてもらいたいというのが個人的な願いでもあります。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する