FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/04«│ 2011/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:46:22
昨日のブログを見る限り、Man AHL系のファンドは現在オススメとは言えません。その理由としては、基準データ(2009年1月のNAV)を10%も下回ってしまっているからです。ちょっと寂しいですね。

ところで、1/22のブログでADPとTulipを比較したのを覚えていらっしゃる方も多いかと思います。
今回もデータを少し追加して2006年〜2011年3月にして作成してみました。

2009-2011罸

自分の基本的な意見のADPのブレ幅を2倍にするとTulipとほぼ同じ動きであるというのは変わりません。

そういったことから、前回もお話しした「ADPとTulipの両方を所有していても分散投資にならない」という主張には変化がありません。ADPに投資をしてNAVが2倍になった時点でそうなっているからです。

しかしながら、今回のテーマはMF系 2009年ー2011年の比較をしてみようということです。
そこで、2009年ー2011年に限った比較グラフも作成してみました。

2009-2011罸

このグラフは上記のグラフを切り取り、拡大したものだとご理解下さい。ただし、より分かりやすくするためにスタートを2009年年初にして作成しております。

これを見ると2010年の11月以降にパフォーマンスの開きがあり、現在の状況を生み出しているということが分かります。今後この開きがさらに拡大してくるのか、2009年春以降のように縮小してくるのか興味深いところです。

最後に、2004年以前にADPに投資をされた方は、既にパフォーマンスが2倍程度(あるいはそれ以上)にはなっているでしょうから、自分の主張で言うとADP-2倍のグラフと同じように(パフォーマンスは)動いているわけです。

ということは、ADP全額を解約し、半分をTulipに乗り換え、残りの半分をArgentumや英国学生寮などのパフォーマンスが読めるファンドに乗り換えるというのも手なわけです。

そうすることで、パフォーマンスはTulipで期待して、パフォーマンスの安定をそれ以外のファンドで補完するという戦略を取ることが可能だと思います。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する