FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/04«│ 2011/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:44:58
premier_brochure_1.jpg

FPI Premier (フレンズプロビデント・プレミア)の裏側へのご招待です。

といっても、FPIに関しては怪しい会社ということではありません。きちんとした会社だと思います。
ですので、今回のカテゴリも「怪しいファンド情報」に分類しておりません。

「なぜ、自分はこの商品をオススメしないのか?」というと手数料に問題あり(投資家にとってです)と思っているからです。

今回はその手数料体系について明らかにしていこうと思っております。この手数料体系が非常に複雑なのです。

投資家としては手数料がどうなっているのかということをきちんと知った上で、投資をするのかどうかを判断してもらいたいと思い書くことにしました。

また、我々が投資をすることでFPIからIFAにいくら入ってくるのかも明らかにしていこうと思っております。

多くのキャッシュバックがFPIからIFAに支払われているのに、それ以外にも手数料を顧客から徴収しているIFAもいるらしいです。

誤解のないように書きますと、キャッシュバック自体はIFAの正当な報酬としてもらうべきだと思います。ただし、自分の疑問点は、キャッシュバック収入をもらっているにも関わらず、もらっていることを顧客に告げずに顧客からも手数料を取っているIFAが多いのも事実なのです。

顧客からも手数料を徴収するのであれば、「キャッシュバックは◯円です。お客様からは◯円頂きますが、宜しいでしょうか?」と言うべきではないかと思うのです。

こうしたことを書くとIFAから嫌われそう(笑)ですが、投資家には真実を知る権利があると思うのです。

話は戻り、プレミア(Premier)について簡単にご説明していきます。(詳しくお知りになりたい方は、色々なブログでIFAが宣伝していますのでそちらをご覧ください)

プレミアというのはフレンズプロビデントというマン島の会社が募集している積立型の投資商品です。積立額と積立期間を最初に設定し、枠の中でファンドを一定額ずつ購入していくといった仕組みです。

ファンドは顧客が選択し、途中での乗り換えも可能です。一見良さそうですよね。

彼らの売り文句としては、ドルコスト平均法が利用出来る、ファンドが乗り換えられる、クレジットカードでファンドが購入できるということだと思います。

それでは、デメリットはないのでしょうか?

これからが本番です。多くのブログやIFAの紹介ページでは書かれていないプレミアの裏側を見に行きましょう。

(続く)

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する