FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/06«│ 2011/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
20:00:22
先週末あたりから問題になっているセシウム汚染牛肉の問題に関してですが、出荷された酪農家の方も稲わらを育て販売した農家の方も被害者で、加害者は東京電力と政府ということは疑いもありません

ただし、そうは言っても「その牛肉を食べても大丈夫か?」という問題はまた別の問題となっていますので、そこがこの問題の厄介なことろです。

こうしたことが起こるだろうというということは予測出来たと思われます。そうしたことに対して、ほとんど手を打ってこなかった政府と東京電力の責任は大きいのです。

また、今は明らかになっておりませんが、原発事故後に酪農家が他の都道府面に牛などを移動・売却しています。それらの牛は移動されると福島県産ではなく移動後の地域産として出荷されます。

つまり、産地だけを見ただけでは汚染された牛肉かどうかも分からない状況となりつつあるようです。また、今日も明らかになったように、稲わらを宮城県から購入して牛に与えていた他県の状況もあり、この問題は広がりを見せております。

そもそも、根本的な問題としてセシウムの暫定基準で安全が保たれるのかという問題に関しては、議論も深まっておりません。この数字を事故前の基準に戻すとかなりの食料品が出荷停止になってしまうからです。

基準値1

今回、牛肉からだけセシウムが検出されたわけですが、今後は豚は鳥からも検出されるのではないかと思っています。

少し前までは、美味しさの点から人気がなかったオーストラリア産の牛肉ですが、逆にこれしか信用できなくなりつつあるのも皮肉なものです。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する