FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/06«│ 2011/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:49:07
ネットでおもしろいページを見つけましたのでご紹介しますね。

いろいろ複利計算シートといい、下記のような計算が数値を入れるだけで出来るようなっているようです。

1.毎月の積立金額、年利、積立年数より元利合計
2.最初の元本、年利、積立年数より元利合計を計算
3.目標積立額(元利総額)、年利、積立年数から必要な毎月の積立額を逆算
4.目標額(元利総額)、年利、運用年数から必要な元本を逆算
5.期間(年)に毎年一定の受け取り額と運用年利で資金を取り崩すときの必要資金
6.資金を○年でX円からY円に増やしたいときに必要な年利を逆算
7.資金を○年でX円からY円に増やしたいときに必要な年利と最低確保したい金額を満足する標準偏差の上限を計算


「将来設計のためにどのくらいの投資元本を用意したら良いのか?」、また「投資元本をどのくらいの金利で回せれば良いのか?」などを考える際に非常に便利です。

将来設計のためには計画を立てて、途中段階で進捗状況をチェックして、計画の見直しをしていくことも必要です。
ここ数年のように、MFが不調ですと計画していた年利で回っていないということも予想できます。

現在の状況が想定通りいっているのか、そうでないのかを判断するためにも利用するのも価値があるのではないでしょうか?

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する