FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/06«│ 2011/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:07:06
ロイターによりますと

『格付け機関のムーディーズは25日、ギリシャのソブリン格付けを「Caa1」から3ノッチ引き下げ、「Ca」とした。見通しは「検討中」。

 新たな格付けの「Ca」は、デフォルト(債務不履行)とみなされる格付けよりもわずか1ノッチ高い水準。ムーディーズは、ギリシャ債は「事実上100%」の確率でデフォルトになるとの見通しを示した。 

 ムーディーズは「債務交換が完了した時点で、追加の債務再編の可能性も含めた関連リスクを反映するよう格付けを再検討する」とし、債務スワップの完了時に新たな格付けを付与する方針を明らかにした。

 ムーディーズは、ユーロ圏首脳が先週ギリシャに対する第2次支援策で合意したことについて、ギリシャにとって債務負担が軽減されるだろうが、ギリシャは依然として中期的な債務返済能力の問題に直面していると指摘。「発表された欧州連合(EU)のプログラムや国際金融協会(IIF)の声明は、ギリシャ国債のデフォルトが事実上100%になったことを示唆している」と述べた。

 さらに「債務の水準は長年に渡って国内総生産(GDP)の100%を大幅に上回る見通しで、財政や経済改革について著しい執行リスクに直面している」との認識を示した。

 ムーディーズによると、「Ca」の格付けはかなり投機的で、デフォルトとなる見通し、あるいはデフォルトに非常に近い状態にあるが、元本や金利を回収できる見通しもある程度あることを意味している。

 スタンダード・アンド・プアーズとフィッチはすでにギリシャの格付けを「CCC」に引き下げている。これはムーディーズの格付けを1ノッチ上回る水準。』とのことです。

いよいよ、ギリシャのデフォルトが迫って参りました。

時を同じくして、米国のデフォルト問題も「米債務引き上げ協議は依然平行線」ということです。双方ともデフォルトには至るという最悪の事態は避けると思われますが、予断は許さない状況は今後も続きます。


スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する