FC2ブログ
知っていると得する投資,レストラン情報, 幾らを実際投資してどの位になったか,こういった投資法もあるなどを中心に,それに付加して海外ファンド情報や身近な金券ショップ,これは買い!情報などお得情報を発信中
2011/07«│ 2011/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:25:30
ロイターによりますと

『オバマ米大統領は31日、ホワイトハウスと民主、共和両党指導部が連邦政府の法定債務上限を引き上げ、デフォルト(債務不履行)を回避する代わりに、今後10年で約2兆5000億ドルの財政赤字を削減することで合意したと発表した。

 大統領は議員らに対し、「やるべきことをやり」、合意案を承認するよう呼び掛けた。

 ホワイトハウスや議会指導部によると、合意案では、裁量的支出を今後10年間で9170億ドル削減した上で、さらに最低1兆5000億ドルを削減するための特別委員会を設立する。同委員会が十分な削減策を見つけられなければ、1兆2000億ドルの自動的な支出削減を求める。

 オバマ大統領は今回の合意でデフォルト回避が可能になり、米国は今後8─12カ月間危機を回避できると述べた。

 共和党と民主党の指導部が合意したことにより、上院は妥協案の採決を1日に行う可能性が強い。また、ベイナー下院議長(共和党)は「できる限り早期」に下院での採決を目指す考えを明らかにした。

 合意成立が8月2日の期限に間に合ったことを受けて金融市場には安心感が広がり、米株価指数先物が急伸し、ドルも反発した。』とのことです。

タイトルにも記載しましたように、米国のデフォルトはぎりぎりの回避となったようです。これを受けて、先週末に76円台に入っていた為替レートも77円台に戻し、また日経平均株価も1万円を回復しました。

ただし、これで全ての金融危機が去ったわけではなく、ユーロはまだまだこれからだと思っております。今後も為替問問題からは目が離せない状況が継続していくと思われます。

スポンサーサイト




カテゴリー
お問い合わせは下記メールフォームから

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

じん

  • Author:じん
  • 筆者(じん)は大学卒業後、小さな会社をやるかたわらで投資をスタート。
    投資で儲けたお金でおいしい食事とワインを飲む日々を目指して・・・。
    引退後は投資の利息で悠々自適生活を目論んでいるが・・・。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事ナビ2 新着+関連エントリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する